『Unnurella biz(アンヌレラ ビズ)』たったひと振りで水滴をオフできる濡れない超撥水傘に男性用登場!

梅雨時の濡れた雨傘ほど鬱陶しいものはない。通勤電車の中で、出先の商業施設で、大事な商談先の会社で、処理に困るのがびしょびしょに濡れた雨傘だ。そんな時に役立つのが株式会社ワールドパーティー(大阪市住吉区)の『Unnurella biz(アンヌレラ ビズ)』。サッとひと振りするだけで水滴を完全にオフできるからすごい。

 

濡れた傘が鬱陶しいなら、最初から濡らさなければいいじゃないか!?

CR7_5676

昨年女性用に発売されて大人気を博したのが濡れない超撥水傘「Unnurella(アンヌレラ)」。梅雨時をストレスフリーに過ごすための最高の武器として熱い支持を集めた。そして今回、その男性用製品『Unnurella biz(アンヌレラ ビズ)』が誕生したのだ。

CR7_5684
その超撥水の秘密は世界的ファブリックメーカー小松精練株式会社と共同開発した超高密度繊維にある。微細な繊維を高密度で縫い合わせることによって得た撥水度は5等級レベル。

CR7_5716

と言っても何のことかわからないだろうが、水をかけても表面が濡れない、湿らない、水滴の付着がないという水準の撥水性能を誇る!

CR7_5727

普通に考えると防水のためのコーティングがなされているのかと思うが、そうではない。布自体が水を弾く、したがってコート成分が流れ落ちることもない。

CR7_5719

そして撥水性能が変わることも、ほとんどない。もし長期間の使用で『Unnurella biz(アンヌレラ ビズ)』の撥水性能が落ちたように感じたら、傘の生地の裏側からアイロンで熱を加えればOK。なんと撥水性能がよみがえるのだ。

CR7_5724
さらにこの撥水性能の良さは重量にも関わってくる。つまり水滴を含まないので傘が重くならないのだ。ロングタイプで480g、折りたたみタイプで380gと、もともと軽量だがそこから重量が増えることもない。また超高密度繊維を使用しているがゆえにUV加工をしていないのに紫外線を99%カットするというのも面白い。

CR7_5736
展開しているのは以下の2種類。カラーリングはどちらもブラック/ネイビー/グレー/カーキの4色展開だ。

『Unnurella biz(アンヌレラ ビズ) long umbrella』(65cm/480g・ポリエステル100%・希望小売価格 税抜4,800円・発売中)

unnurellaviz_16
出先で屋内に入った時に特にロングタイプの傘は服に触れてスーツなどを濡らすのが鬱陶しいものだが、室内に入る前にひと振りすれば乾いた状態となるので携帯時のストレスがぐんと減る。またコーティング加工がされていないので、触感も布特有の落ち着いたものだ。開閉はワンタッチ式。開いた直径は約113cmだ。

CR7_5664

 

『Unnurella biz(アンヌレラ ビズ)Folding umbrella』(58cm/380g・ポリエステル100%・希望小売価格 税抜5,500円・発売中)

unnurellaviz_23
降るかどうかわからない時に気軽に携帯したい折りたたみタイプ。しかし一度使用して濡れてしまうと傘立てにも不安定で立てにくいやっかいな代物に。そんな時にこれならサッとひと振りで水滴が払えるのでそのまま手で持っても、周囲を濡らす気遣いがない。小脇に挟んでもOKだ。開閉は安全自動開閉システムを採用したワンタッチ式でゆっくりとたたむことができる。

 

機能でプレミアムな差別化を図った画期的な一本!

CR7_5673

価格的には安くはないが、梅雨時のイライラを大幅に低減してくれることを思えば高くはない。周囲の人々にも迷惑をかけにくいので、商談で相手の会社に出向く際などには最適なのではないだろうか。

 

購入は楽天市場の公式ショッピングサイトにて。カラーによっては品切れを起こしている人気商品なので早めに入手したい。

unnurella(アンヌレラ)公式ショッピングサイト

公式サイト:株式会社ワールドパーティー『unnurella』

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック