1食わずか35kcal!漢方のプロが監修した『和漢アップルシナモンホットスムージー』で温活ダイエットに挑戦!

春はデトックス!春はヒトのカラダの代謝を促し、冬の間に蓄積された老廃物を排出するのに最適な季節だ。しかしカラダが冷えると新陳代謝が下がり、デトックスがうまくいかなくなる。だんだん暖かくなってきて薄着になる春は、日中と朝夕の寒暖差で冬よりも体が冷えてしまいがち・・・

 

噂の温活。痩せたいなら今、体を内側から温めよう!

そんな春に最適なのは温活ダイエット!体の内側から温めながらデトックスするのが有効である。

IMG_0551

その温活ダイエットが手軽にできるというので、噂の商品ニューヨーカーズ『和漢アップルシナモンホットスムージー』を試してみた。1食わずか35kcalで、芸能人にも愛飲者が多く、有名ホテルでも人気の「和漢」を取り入れたホットスムージーで、今女性たちの間で話題のデットクススムージー。果たして、その正体とは?

 

『和漢アップルシナモンホットスムージー』は、漢方専門店がプロデュース!

あったかくておいしいと評判の『和漢アップルシナモンホットスムージー』は、東京・中目黒にある漢方専門店「台所漢方」がプロデュース。1日に摂る食事のうち、1食をこのスムージーに置き換えるだけのラクラク”置き換えダイエット”として注目を集めている。スムージーといえば栄養満点、でも冷たいドリンクなのでカラダが冷えてしまう・・・そう思っていたが、お湯でつくるホットスムージーなら、朝も昼も夜もいつ飲んでも、カラダをぽかぽかに温めてくれるので温活にぴったり!

IMG_0556

しかも、栄養満点だから、美容面でもばっちり頼れる存在。『和漢アップルシナモンホットスムージー』は一見、きな粉のようなベージュ色の粉末だが、その中身は146種類の野菜・24種類の果物・11種類のビタミン・160種類の酵素・9種類のミネラルが見事にミックスされている。一度の食事でこれだけの栄養素が摂れるなんて、自分でつくった料理ではありえない。ダイエットといいつつ、栄養管理された立派な食事が摂れるのがうれしい!

IMG_0562

しかも、漢方のプロによって厳選された「5つの和漢」も配合。身体の温度バランスを整えてくれる「桂皮(ケイヒ)」に「ウコン」、体内の毒素を排出しやすくする「杉菜(スギナ)」、活発な活動を支えてくれる「杜仲(トチュウ)」、美肌効果やむくみに良いとされる「ハトムギ」といった和漢が、美しく健康的になれるようサポートしてくれるという。

 

また、和漢は便秘にも効果が見込めるとされていて、運動不足や不摂生でお通じに悩みを持つ女性にもおすすめ! 『和漢アップルシナモンホットスムージー』は、単純に野菜や果物をミックスしたスムージーとはまったく異なり、さらにカラダのことを考えた優しさ満点のホットスムージーだった。

 

においは?味は?『和漢アップルシナモンホットスムージー』を実際に飲んでみよう!

IMG_0560

つくり方はとても簡単。『和漢アップルシナモンホットスムージー』の粉末を大さじ1杯分カップに入れ、150ccのお湯を注いでよくかき混ぜるだけ。スムージーなのにミキサーもシェーカーもいらないので、忙しい朝でもさっと準備できる。

IMG_0566

粉末の状態だと、アップルとはちみつの甘い香りに加え、シナモンやショウガの香りを感じる。アップルティーやスイーツのような香りなので、甘いもの好きにはたまらない。

IMG_0567

お湯を注ぐと、粉末はすばやく溶ける。粒子がとても細かいので、普通のスムージーのような食感のざらつきはなさそうだ。

IMG_0569

150ccのお湯を全部注ぐと、ややとろみのあるりんごジュースのようなドリンクに仕上がる。漢方が入っていると知った時は「苦みやえぐみがあるのでは?」と心配だったが、アップル&シナモンティーのようでとてもおいしそうに見える。

IMG_0578

実際に飲んでみると、アップルの味がとてもしっかりしていて、はちみつの甘さが際立っている! ショウガとシナモンの香りがほどよいアクセントになっていて、とても飲みやすい。粉末や繊維のざらつきがないので、食欲があまりわかない朝でもスッと喉を通ってくれる。

IMG_0574

苦みがまったくないので、あまりのおいしさにデトックススムージーだということを忘れてしまいそう。しかもホットスムージーだけあって、飲んだ後は体がぽかぽか。味といい温かさといい、冬のダイエットに見事にマッチしている。置き換えダイエットとしてはもちろん、おいしくて体にやさしいジュースとして、食事やデザートのお供に、また夜食としてもおすすめ。

IMG_0592

ひと手間でさらにおいしい!『和漢アップルシナモンホットスムージー』をアレンジ!

お湯で割ったそのままの味で十分おいしくいただけたのだが、毎日飲み続けるにはアレンジも大切。今回は、スーパーで手軽に手に入る材料を使って、より味をおいしくする方法を探ってみた。

IMG_0619 まずは、「はちみつレモンホットスムージー」に挑戦。『和漢アップルシナモンホットスムージー』にはすでにはちみつの甘さがあるのだが、そこにさらにはちみつシロップを加え、レモン汁をプラス!

IMG_0626

お湯は通常の分量と同じ150ccを使用。シロップを入れることでやや濃くなるので、170ccくらいにお湯を増やしてもOK。

IMG_0630

レモンは果汁をしぼってもいいし、輪切りにしてスムージーの中にいれてしまうと見た目がかわいらしくなる。ちょっと多いかな、くらいの量を入れた方がレモンのさわやかさがはっきり感じられておいしかった。

IMG_0634

また、お好みでショウガを入れるとさらに味の深みが増すのでおすすめ。冷え性の人は、ショウガの温熱効果でより温かさが長い時間持続できそう。

IMG_0641

続いては、温めた牛乳で割る「ミルクホットスムージー」を実践!

IMG_0604

こちらも簡単で、150ccの牛乳を電子レンジで温めて『和漢アップルシナモンホットスムージー』ときな粉を混ぜるだけ。温める目安は800wで40秒~1分間ほど。 IMG_0611 きな粉を混ぜることで和の優しい味わいになるし、香りのアクセントとして2~3滴入れたバニラエッセンスが、スイーツのような甘い香りをふんわり届けてくれる。

IMG_0608

また、お湯ではなくホットミルクを使うことで、たった1杯のドリンクなのに満足感がとても高くなる。ダイエット中は特に甘いものが食べたい欲求にかられるので、こんな風にアレンジをすることでストレスが抑えられそうだ。

IMG_0617

実際に試してみて、『和漢アップルシナモンホットスムージー』は置き換えダイエットとして十分継続できそうだということがわかった。気になるのはお値段だが、これだけ栄養がつまったスムージーにも関わらず、1杯たったの99円という低価格でびっくり! 1袋で20食分だから、まずは試してみたいと思うときにもぴったりの分量だ。

IMG_0554

ニューヨーカーズ『和漢アップルシナモンホットスムージー』は、1袋(200g)につき1,980円(税抜)。送料無料だから、気軽に申し込める。お得な定期購入コースなら1袋につき1,700円(税抜)の特別価格で購入可能(1回で解約もOK)。毎日飲むだけで、体にも優しくて痩せられたら大満足! 温活ダイエットを始めるなら、ぽかぽか温かいホットスムージーからスタートしよう!

 

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック