2015年グッドデザイン賞受賞!進化したビーンスターク哺乳びん『赤ちゃん思い 広口トライタンボトル』って?

るデザイン性に加え、より良い暮らしへと導いてくれる製品に贈られる「グッドデザイン賞2015」や「キッズデザインアワード2015」を受賞した、ビーンスターク哺乳びん『赤ちゃん思い 広口トライタンボトル』は、9月に発売されたばかりのNEWアイテム! ジャックと豆の木をモチーフにしたかわいいデザインはもちろん、パパ・ママ必見の機能がつまった哺乳びんだ。

 

ユニセフと世界保健機関(WHO)の推奨もあり、日本では母乳育児を中心とするママが半数を占めるが、お乳が切れたときや留守番時の冷凍乳の授乳、保育園での授乳など哺乳びんは育児に欠かせないアイテム。ママだけじゃなく、哺乳びんでしか授乳に協力できないパパにとっては、赤ちゃんが飲みやすいニプル(飲み口)の製品は貴重な存在。

1

ビーンスターク・スノー株式会社(大塚製薬・雪印乳業による共同出資)は、乳幼児のためのトータルブランドで、哺乳びんをはじめ薬用スキンケア用品などをいくつも手がけている。1992年の発売から長らく愛されてきた「ビーンスターク哺乳びん」が、2015年9月に23年ぶりのフルリニューアル。「高い機能性」と「優しさを表現する美しい形状」の両立を目指した新しい哺乳びん、『赤ちゃん思い 広口トライタンボトル』が誕生した。

哺乳びん選びは、持ちやすく使い勝手が良いことはもちろんだが、なんといっても可愛い我が子のすこやかな成長を重視したい。『赤ちゃん思い 広口トライタンボトル』は、お母さんのおっぱいを飲むときに近いニプルの開発を目指し、飲みやすい形、舌やあごの筋肉をしっかりと使って飲むことができる構造になっている。市場にある多くの哺乳びんは、ニプルの構造上ママの母乳よりもたくさん出やすいため赤ちゃんのお口の発達をサポートすることが課題となっていた。『赤ちゃん思い 広口トライタンボトル』はその課題克服を目指し、母乳を飲むときのような構造を再現。赤ちゃんにとって、必要な動作が自然に身につくという。

2

また、持ちやすく倒れにくい四角い底面で、ミルクが入れやすい広口タイプ。本体には、ビスフェノール A フリーの樹脂素材「トライタン」を採用。この素材は軽くて割れにくいプラスチックでありながら、ガラスのような透明感があると人気。しかも食器洗浄機・食器乾燥器OK! 手洗い専用の母乳びんを食洗器で洗うと、割れずともメモリが消えてしまう可能性があるが、これなら遠慮なく洗える。安心の日本製であることも嬉しい。
ビーンスターク哺乳びん『赤ちゃん思い 広口トライタンボトル』は、240mlサイズ(税込1728円)と150mlサイズ(税込1620円)の二種類があり、付け替えニプル(税込777円)も展開。全国の薬局・薬店、ドラッグストア、赤ちゃん用品専門店などで販売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック