ファン騒然!!じゃがりこ『ゴロゴロ ジャーマンポテト』は、芋とベーコンの旨味を見事に再現!

ールに合うおつまみは、えだ豆をはじめ名前をあげればキリがないが、今かなり話題になっている「じゃがりこ」の新作がある。この10月から発売されたカルビー『じゃがりこ ゴロゴロジャーマンポテト』(セブンイレブン限定)だ。

 

カルビーの主力スナックである「じゃがりこ」は、今年で発売20周年。これまでに登場した味は、ベーシックの4種類(サラダ、チーズ、じゃがバター、たらこバター)以外に期間限定やご当地限定、コラボレーションなどおよそ100種類! 発売当時は、カリカリの堅い食感のスナック菓子があまりない時代だったこともあり、瞬く間にファンを増やした。

じゃがりこゴロゴロジャーマンポテトCR5_2488

今では日常のおやつとしても、遠足やおでかけのお供としても大人気のじゃがりこだが、なんといっても一つ一つの限定風味の発売期間は短い。2カ月~4カ月ほどで商品が入れ替わってしまうから、見つけたときにチェックしておかないと食べそびれてしまうのだ。この秋、発売中の『じゃがりこ ゴロゴロジャーマンポテト』は、期間限定&セブンイレブン限定。購入したファンから「うますぎる!!!」「ドハマりしてリピートしまくり!」と絶賛の声が上がっている。

じゃがりこゴロゴロジャーマンポテトCR5_2497

この「ゴロゴロシリーズ」は、具材がゴロゴロ入っているのがはっきりと見てとれるシリーズ。現在は「ゴロゴロ チーズベーコン」「ゴロゴロ ほたてバター」、そしてこちらの『ゴロゴロジャーマンポテト』が発売中。ジャーマンポテトとはドイツの家庭料理で、茹でたじゃがいもとベーコンをバターやオリーブオイルで和えたもの。日本では、レストランや居酒屋などのメニューで人気。自宅でも簡単につくれるので、ビールのあてとして定番ともいえる。

じゃがりこゴロゴロジャーマンポテトCR5_2495

パッケージのデザインバーコードでは、そのゴロゴロ感をフルにアピール。おめでたい赤い傘をまわして、その上に角切りベーコンとじゃがいもがゴロゴロまわっている。そして恒例のダジャレも、「ゴロゴロ具材に、もうイチゴロ」ときた。どこまでもゴロゴロづくしなのだ。

じゃがりこゴロゴロジャーマンポテトCR5_2502

それではフタを開けて、『ゴロゴロジャーマンポテト』の味を確かめてみよう! 香りは、芋とベーコンの香ばしさがたっぷり! すでにジャーマンポテトの再現率の高さを感じる。

じゃがりこゴロゴロジャーマンポテトCR5_2507

じゃがりこの表面には、具材がゴロゴロ入っているのが一目でわかる! こんがり焼かれた黄金色が、ジャーマンポテトの照りを思わせる仕上がり。

じゃがりこゴロゴロジャーマンポテトCR5_2513

いつものように、カリカリポリポリいただく。噛んだ瞬間、じゃがいもの甘みと旨味、ベーコンの香ばしさとしょっぱさがじゅわっと広がる! ピリリとパンチを効かせた胡椒もアクセント。これはまさに、ジャーマンポテトだ! ビールも進むし、赤ワインにもばっちり合う。1カップでは足りないほど、もう手が止まらない。これはかなりクセになるじゃがりこだ。

じゃがりこゴロゴロジャーマンポテトCR5_2514

『じゃがりこ ゴロゴロジャーマンポテト』は、全国のセブンイレブン限定で税込160円。この味を見逃すには、あまりに惜しい。ファンが「うますぎる!」と騒然となっている理由が確かにある。秋のおでかけのお供に、自宅での飲み会にぜひ。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック