iPhone6を防水仕様にしてくれる『WETSUIT』(ウェットスーツ)で、水没しても大丈夫!

iPhone6を防水仕様にしてくれる『WETSUIT』(ウェットスーツ)である。袋に入れるタイプではなく、iPhone6に“着せる”ことで防水性能を発揮する。おかげでタッチパネルの触感が変わらないというメリットがあるのだ。

CR4_9952

iPhone6sにも、防水機能は搭載されなかった

Android端末では防水が当たり前になりつつあるが、つい先日発表された最新型iPhoneであるiPhone6sにも、防水機能は搭載されないことが明らかになった。iPhoneの道具としての美しさや使い勝手に惚れ込みながらも、この点に歯がゆい思いをしているユーザーも少なくないだろう。そこで『WETSUIT』(ウェットスーツ)である。

CR4_9959

 

液晶部分のオープン構造が画期的

CR4_0003

スペックコンピュータ株式会社(福岡県福岡市)が輸入販売する『WETSUIT iPhone6 waterproof rugged case』は、ラバースーツをiPhone6にぴったりと“着せて”、その上からプラのカバーで挟み込んで密封する。

CR4_9979

それでいてiPhone6の液晶ガラス板はむき出しの状態になるので、タッチパネルの操作性は変わらずダイレクトだ。

CR4_9987

そんな構造で大丈夫なのかと思われるかもしれないが、国際電気標準会議が定める防塵および防水等級において最高ランク(IP68)を獲得しており、水没にも耐える保護性能を発揮する。

CR4_9991

おためし新商品ナビでも『WETSUIT』を“着た”iPhone6にたっぷりと水をかけて検証してみたが、まったく問題はなかった。

CR4_9994

ただしその構造上、わずかな歪みでもラバースーツの隙間から浸水する恐れはある。そのため液晶保護フィルムは本体に同梱されているもの以外は使用しないよう注意書きがあるくらいで、落下などでボディに歪みや凹みがあるiPhone6に着せるのは恐らく相当危険だろう。『WETSUIT』の成型の個体差を懸念してか、使用前には同梱のテスト用水没ブロックを用いて防水性能を確かめるようアナウンスがある。

 

カシオ「G-SHOCK」や日産「エクストレイル」に通じるクールさ

iPhone側面のボタン及びジャックはスーツを着せたままでも使えるよう工夫されている。ホームボタンの指紋認証も、若干反応が悪くなるが、使用可能だ。『WETSUIT』は耐衝撃性もあり、落下からもiPhoneを保護してくれる。

CR4_9954

iPhone6用が8,500円(税別)、iPhone6Plus用が9,500円(税別)で、カラーは黒、銀、オレンジの3色。

CR4_9992

少々値は張るが、タフギア風の見た目のクールさもあり、アウトドアマンには満足度が高そうだ。過去に水没で泣いたことのある人ならば、尚更である。

購入はスペックコンピュータ公式ショッピングサイトほか、量販店、ネット通販にて。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

編集部

編集部

気になる新商品をあなたに代わって検証します。情報提供はこちらまで。オフィスは東京都新宿区。ライター、カメラマン随時募集中。

この記者の記事一覧

トラックバック