『さくさくたまねぎ』飴色になるまで炒めたタマネギの甘みと旨味がみっちりと凝縮されたクサうま傑作スナック!

ねぎを使用したスナックの横綱といえばオニオンリング形状の「ファニオン」が定番で、類するスナックもそこそこ存在する。今回登場したカルビーの『さくさくたまねぎ』(50g・想定価格 税抜約130円・2015年9月21日発売※期間限定)はそれとはまたちょっと違う方向性でタマネギの美味しさを前面に出した意欲作だ。

 

そもそもこの『さくさくたまねぎ』はリング状ではない。一見すると「おさつスナック」のような波打つ平型で、見ようによっては炒めたタマネギの形。そう、この『さくさくたまねぎ』はカレーを作る時の前段階にタマネギを飴色になるまで丁寧に炒めるが、そうした炒めタマネギ風味のスナックなのである。

IMG_0898

パッケージを切ると漂ってくるのは甘みをたたえたオニオン臭。一枚取り出して食べてみると、厚手の生地が食べごたえ有り。ゴリッとした食感で、噛むうちに炒めタマネギ特有の甘みが広がるという寸法。飲み込むと確かにタマネギの辛みも喉の奥から湧き上がってくるので、周囲に気をつけながら食べたいタイプのお菓子である。オフィス食いは控えた方が良いかも。

IMG_0903

製法としても実際の飴色にまで炒めたタマネギそのものを練り込んでいるということもあって、味の濃さは保証付き。食べ始めよりも、何枚か食べるうちに喉奥から湧き上がってくる香りとともに旨さが増してくるという後引き機能が強力な一品。

IMG_0909

口溶けとともに生まれる凝縮した旨味をみっちり感じながら食べていくと、かなり手が加速する。甘みと旨味としょっぱさのハーモニーは、ビールでもコーラでも炭酸飲料ならばっちり合うはず。

IMG_0906

日頃からタマネギ料理を愛してやまない人なら迷わず買い。そうでなくてもにんにくファンなら同じ路線にある味なのでたまらなくおいしく感じるはず。後でデートや商談のない日に、しっかり腰を落ち着けて香り立つ旨さを堪能したい。

IMG_0896

カルビー さくさくたまねぎ 55g×12袋

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:さくさくたまねぎ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック