『サントリー ザ・モルツ』”ドライに生きて、楽しいか。” の挑戦的コピーとともに新生した旨味満点モルツ!

だって「モルツ」ブランドが無くなる! というニュースに度肝を抜かれたが、何の事はない、「ザ・モルツ」になりますというオチで肩透かしを食わされたのが未だに納得いっていない中、サントリービールから『サントリー ザ・モルツ』(350ml・オープン価格・2015年9月8日発売)が登場。HIROがいるせいか、EXILE TRIBEの面々も若干ピリッとした感の見えるCMは、EXILEの新曲「Ki・mi・ni・mu・chu」の音楽とともに強烈なインパクト。

 

♪君に夢中〜
という、どポップなフレーズが流れる中、「ドライに生きて、楽しいか。」とどこぞを軽く当てこすりながらアピールしているのはUMAMI(旨味)。確かに現時点ではかつてのドライビール全盛時代とは違い、クラフトビールなどの味の濃いビールが人気を集め始めており、ビールファンの嗜好も変わって来ている。先行して発売されて好評となったプレモルこと「ザ・プレミアム・モルツ」のコク満点の濃い味わいの好評を受けての新生モルツなのだ。それではどの程度旨味にあふれているのか、実際にこの『サントリー ザ・モルツ』を飲んでみることにしよう。

IMG_1660

香りは爽やかなホップの香り。グラスに注ぐときめ細やかな泡立ちとともに、黄色味の強い水色を見せてくれる。味はキリリと苦く、同時に酸味もあり、その上でコクを感じる上質なビール感。ただクラフトビールやヨーロッパ的なまったり感はなく、スッキリした中に旨味がある印象。

IMG_1709

ちなみにこの『サントリー ザ・モルツ』に使われているのは、プレモルで使用されているダイヤモンド麦芽。チェコとその周辺国のみで製造される希少麦芽を使っている上に、独自の発酵技術で甘みを出したのだという。

IMG_1712

位置づけとしては、ヨーロッパ風の濃いビールや味わいの深いエール系ビールと、ドライビールの中間を取ったような味わい。ドライビールでは物足りないが、濃厚過ぎるビールは苦手というビールファンにとってはなかなか飲みやすいのではないだろうか。

IMG_1716

ドライビールのように、揚げ物をガンガンいくというよりは、もう少し淡白な味わいのツマミの方が合うだろう。そして強力に個性的でないがゆえに、飽きも来にくいのではないかと感じた。

IMG_1718

ちなみにファミリーマート限定で2本セットを買うとEXILEタオルがもれなく付いてくる。販売店によってはキャンペーンもあるようなので、買う場所も選んで手に入れたい。

IMG_1675

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:サントリー ザ・モルツ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック