『ピタットルーラー[15]オレンジ/[30]オレンジ』スルスル〜のピタッ!を実現する滑って止まる魔法の定規!

るする滑るのにピタッと止まる、カッター使用もOKという定規のヘヴィユーザーにはまさに夢のスペックを持っているのが、プラムネット株式会社(神奈川県横浜市)によるこだわりブランド「モチモノ」から発売された定規『ピタットルーラー[15]オレンジ/[30]オレンジ』(15cm/30cm・希望小売価格 税抜600円/1200円・発売中)である。2015年の日本文具大賞を受賞したこの製品、実際にどのくらい使えるのか試してみた。

 

定規にとってスムーズに目的の位置に移動させる機能は必須。但し目的の位置にたどり着いたらピタッと動かないでくれるのが理想。全く矛盾した性能が理想なのだが、もちろんそんな上手い話はないと諦めていたのが定規ユーザーではないだろうか。

IMG_9441

さらに言うとアクリル製の定規にカッターを当てるとどんどん削れていってしまい、いざまっすぐな線を引こうとする時に役に立たなくなってしまうのもあるあるだろう。製図用に定規目盛りのある側の反対に鉄芯を埋め込んで解決してるものもあるが、その場合は目盛りの役割は果たせない。

IMG_9451

では最初からアルミ製の定規にすれば良いではないかと思うかもしれないが、下が透けて見えないのは結構不便。カッター使用時にアルミ製定規、普段はアクリル製定規と2本持ちするのも面倒だ。

そんなジレンマを解決したのが『ピタットルーラー[15]オレンジ/[30]オレンジ』。細身のシュッとしたフォルムで、そんな理想の定規性能を実現しているから驚きだ。

IMG_9446

滑るのにピタッと止まる、その仕組みは中央のオレンジ部分にある。ここが硬いゴムのような滑り止め素材なのだ。そのままだと止まってばかりいるわけだが、その部分は普段は浮いているように設計されている。従って動かす時には紙に触れないのでストッパーの役目は果たさない。そして照準を定めたらオレンジ部分を軽く押すとオレンジ部分がストッパー機能を果たしてピタッ。素晴らしい。

アクリル側を使用すれば下の紙が透けて見えるので望みの線を引きやすい。これは便利だ。

IMG_9461

スルスル~のピタッ。これは気持ちいい。ピタリと位置を固定するためにグッと力を入れていた今までの定規生活とはさよなら。さらにうれしいのはアルミとアクリルと二刀流になっているところ。つまりアルミ側を使えば、カッター使い放題なのだ。もちろん削れることはない。わざわざアルミ製定規に持ち替えなくてもサッと対応できるのもやはり気持ちいい。

IMG_9465

幅もスリムなところから、普段からペン立てに差して置いても邪魔にならない。15cmと30cmの2モデルなので、自分の用途に合ったものを使いたいが、軽くて幅の細いゆえに30cmモデルでもかさばらないので、通常は30cmモデルを選んでおけば間違いはないだろう。

IMG_9473

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:ピタットルーラー[15]オレンジ/[30]オレンジ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック