コンパクトで軽量な『立つちょこっトング』はスマートに扱えてちょこっとあると便利!

活雑貨メーカーの小久保工業所より、食を楽しくするお料理グッズ『立つちょこっトング』が発売される。料理や食材を手づかみ感覚でちょこっとつまめるトングだ。小ぶりで自立するのでお料理の横に立てておいてもOK。料理の取り分けや、手を汚したくないとき、熱いものを切るときの押さえなど、幅広く使うことが出来る。

45-1

高さは14cm。重さは13g。自立している姿は、うさぎの耳のような形をしていてちょっと可愛らしい。

45-4

料理をしていると、手を汚さずに食品を取り分けたりしたい時がある。菜ばしや通常のトングだと、それ用にお皿を用意したり置き場所の確保も必要だろう。そういった意味ではこの『立つちょこっトング』は、気軽に立てて置いておけるのでスマートに扱える。コンパクトで軽量なところも扱いやすい。

ただ、キッチン周りでの使用となると注意も必要。耐冷・耐熱温度は-20℃~80℃なので、当然のことながら火の周りでの使用は控えたい。キッチン周りは火を一緒に使っている場合が多く、そうなるとやや出番は少なくなってしまう。

45-3

というわけで、これはどちらかというと食卓で使うのがオススメだろう。サラダや大皿料理などの取り分けに向いていると思う。材質的にカチャカチャとした金属音がしないので、食器に触れた時に不快な音がしないのも良いし、軽い力で挟めて子供でも扱いやすそうだ。お手頃な価格なのでひとつ持っていても良いかもしれない。

45-5

耐冷・耐熱温度:-20℃~80℃
材質はポリプロピレン。販売価格は160円(税抜)。2015年9月20日発売。

オススメ度:(買っても損はない)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック