『スターバックス ブラックコーヒー パイクプレイス® ロースト』高いけど美味いと話題の缶を飲んでみた!

タバことスターバックスといえばフレイバーやクリームなどを合わせた変わり種エスプレッソのイメージが強いが、普通のコーヒーが意外に美味しいことでも定評がある。中でも人気メニューの「パイクプレイス® ロースト」はブラックで飲みたい本格派の味わい。今回サントリーはそれを『スターバックス ブラックコーヒー パイクプレイス® ロースト』(275g・希望小売価格 税抜200円・2015年8月25日発売)として缶コーヒー化してしまった。さてその味は?

 

アメリカはシアトルのパイクプレイスマーケット内に1971年にオープンさせたのがスターバックス コーヒーの発祥。今回はその名を冠した人気コーヒーメニューの登場だ。スタバで余計な飾りなしにコーヒーを味わう人ならお馴染みの味のそれは、コーヒー豆として購入している人も多いのではないだろうか。

IMG_9953

もちろん今までもスタバのコーヒーをチルド式だが、コンビニで味わうことが出来た。ただ要冷蔵であったため手軽さに欠けていた。そこに缶入りのスタバの登場である。それもスクリューキャップで再キャップ可能なボトルタイプのアルミ缶! 移動しながら、ちびちびキャップを戻しながら飲むという現代のドリンク事情にぴったり合った形での登場は、待ちかねていた人も多いのでは?

IMG_9963

ちなみにアルミ缶はかつての缶コーヒーの主流だったスチール缶に比べて軽量で風味が良く、近年続々と切り替えられている。殺菌処理に不安があるとされていた時代もあったが、ミルク入りの場合のみでブラックでは問題ないことから採用されることが多くなった。さらに加熱処理技術の発達により、今ではミルク入りメニューもアルミ缶発売が可能になっている。

IMG_9965

さて問題の味を検証しよう。スクリューキャップを開けると確かにスタバの店内の香りがする! 無香料であるのに関わらず、これだけのコーヒーの香りを立ち上げるとは見事。「パイクプレイス® ロースト」が本来持つカカオと炒ったナッツのような香りが見事に再現されている。

IMG_9967

飲んでみると上質なコーヒー味に驚く。しっかりとした安定の苦味に柔らかい酸味が加わった味わいで、もはやこれは缶コーヒーの領域を飛び出す美味しさだ。まさにプレミアム。ただお値段の方も200円+税とプレミアムというオチが付くが…。

IMG_9973

それでもコンビニで気軽に買えて、移動中や家での保存も飲用も手軽な缶タイプのスタバは実に素晴らしい。コーヒーはブラックで味わうけれど、缶コーヒーのブラックはイマイチだと感じている人にこそ飲んでもらいたい至福のコーヒー味。技術の発達ってほんと素晴らしいなと思った。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:スターバックス ブラックコーヒー パイクプレイス® ロースト

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック