日本おもちゃ大賞受賞『ヒミツのクマちゃん』はおしゃべりぬいぐるみ!果たして秘密は守れるか!?

しゃべりするおもちゃが続々登場する中、今もっとも注目を集めているのがタカラトミーの『ヒミツのクマちゃん』! こちらは、毎年行われている「日本おもちゃ大賞2015」においてコミュニケーショントイ部門大賞に輝いたかわいいクマちゃんだ。

 

どんな風におしゃべるするのか、どんな仕組みになっているのか、実際に確かめてみた。

ヒミツのクマちゃんIMG_7654

『ヒミツのクマちゃん』は対象年齢3才以上だが、「こどもはぜったいに開けないでください!」と書かれている不思議な箱に包まれている。箱の大きさは、こどものランドセルくらい。クマちゃんによると、ボクは「ぬいぐるみとお友達になりたい」そう思うこどもたちへの贈り物・・・(中略)クマちゃんの秘密を守ってくれる大人の方だけ、開けてくださいね、ということだそうだ。

ひみつのクマちゃんIMG_7648

箱を開けると、リカちゃん人形などのように透明のフィルム越しにクマちゃんが見える。カラーは、オーソドックスなチョコレートブラウン、シャーベットピンク、バニラホワイトの3匹が各1体ずつの販売。

ヒミツのクマちゃんIMG_7659

さっそく中身を取り出してみると、クマちゃん本体とハート形のトランシーバー(ハートシーバー)、オーディオコード、取扱説明書が入っていた。クマちゃん本体はもこもこした生地で、とても触り心地が良いし、ちょこんとおすわりした姿がかわいらしい。胸にはハート形のスピーカーがついている。この内容物を見るとすぐにピンとくるのだが、『ヒミツのクマちゃん』の正体は、大人がトランシーバーを使ってクマちゃんになりきってこどもの夢を叶えるアイテムなのだ!

ヒミツのクマちゃんIMG_7673

『ヒミツのクマちゃん』を使用するには、まずは本体とハートシーバーに電池を入れる。本体はお尻の部分の布を開け、ドライバーで電池カバーを外して単3電池を3本セット。そして再び電池カバーをしっかりと閉めたら、すぐ横にあるON/OFFのスイッチを入れるだけ。

ヒミツのクマちゃんIMG_7670

ハートシーバーも同じく電池カバーを開けて、単4電池を3本セット。本体同様に電池カバーを戻したら、上部にあるスイッチをONにする。この時、本体のクマちゃんとハートシーバーが近くにあると「ピー」というハウリングした大きな音がハートシーバーから流れるのでご注意を。ハートシーバーのランプが緑になったら通信でき、赤い時は通信できない。

ヒミツのクマちゃんIMG_7772

これで準備はばっちり。ハートシーバーとの無線の範囲は7~10メートルなので、リビングにクマちゃんを置いていても、玄関や別の部屋から会話ができる。クマちゃんになりきってしゃべってみると、声がクマちゃんから出ると同時に、クマちゃんはいかにもしゃべっているかのように左右にあたまをふりふりしながら動いてくれる! 動くのは頭部だけだが、あたまの揺れにつられて両手が少し動くのでさながらクマちゃんがこどもに話しかけているよう。この仕草はかなりかわいい!

ヒミツのクマちゃんIMG_7777

ただ、ボイスチェンジャーはついていないので、完全に地声だと「ママ?」「パパ?」とバレてしまう。それでもこどもは嬉しそうにクマちゃんを抱っこしたり触ったりするので、こどもたちの夢を叶えるとまではいかないとしても楽しいおもちゃであることは間違いない。ただしクマちゃんの動きに合わせて機械音がシャーっとなるのでロボット感はある。クマちゃんが動いてしゃべっていると思ってくれるのは3才が限界かもしれない。

ヒミツのクマちゃんIMG_7768

人工知能を備えていればこどもたちと多少の会話はできるのだろうが、さすがにお値段が高くなりそう。以前ご紹介した「紙兎ロペ しりとりぬいぐるみ」は、決まった単語ではあるがこちらの話した言葉に対して、しりとりをしてくれるという画期的なロボットだったが、 『ヒミツのクマちゃん』もある程度、自分で言葉をしゃべってくれたらもっと良かったと思う。

ヒミツのクマちゃんIMG_7677

『ヒミツのクマちゃん』で最もいいなと感じた機能は、オーディオコードを使ってスマホと繋ぐという使用法。アプリで絵本をダウンロードしていれば、クマちゃんからその絵本の音声を流すことができるのだ。また、電話機能を使って、遠くに住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんと会話したり、単身赴任や出張中のお父さんと会話ができたり、使い方はどんどん広がる!大人がクマちゃんになりきるよりも、こちらの方が実用的かもしれない。

IMG_7683

ちなみに、クマちゃんのふわふわ感は維持したいが洗濯はできないため、汚れたときはぬいぐるみクリーナーで拭くなどしてキレイにしよう。毛束が大きいので触り心地は長持ちしそうだ。

ヒミツのクマちゃんIMG_7652

タカラトミー『ヒミツのクマちゃん』は、2015年7月16日発売。全国のおもちゃショップ及び電化製品店など、こどものおもちゃが充実しているトイザらス・ベビーザらスをはじめ、ヨドバシカメラやビッグカメラなどで販売中。1体につき9980円(税込10,778円)。

 

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック