『ご当地最前線 東京中華そば』鶏油としょう油が強力に香り立つコントラストをアップした東京ラーメン進化系!

ースコックのご当地ラーメンを紹介していく「ご当地最前線」シリーズ。その最新作として基本のキとも言うべき東京ラーメンが登場。『ご当地最前線 東京中華そば』(93gうち麺70g・希望小売価格 税抜205円・2015年7月27日発売)はまさに”中華そば”と呼称するにふさわしい香味たっぷりのスープが絶品だ。

 

東京ラーメンといえば鶏ガラしょう油ベースで縮れ麺というのが定番。しかしこの「ご当地最前線」シリーズは昔ながらのご当地味の再現ではなく、近年風のエッセンスを取り入れているのが特徴。よく見るとパッケージにも“新”東京と表記されている。確かにあっさりスッキリが東京ラーメンの特徴なはずだが、この『ご当地最前線 東京中華そば』はそれなりの進化を遂げている。

5DS_0950

本来の東京ラーメンというものは穏やかな鶏ガラ風味をしょう油の向こうに感じながらしっとり味わうものだけれど、この『ご当地最前線 東京中華そば』は違う。写真で言うなら、”コントラスト強く調整”という感じだろうか。エッセンスは同じでもその際立ち方が違う。

5DS_0966

スープは丸鶏と香味野菜の旨みをしっかり利かせて生醤油で仕上げたコクと旨みの美味。だが鶏油の濃厚な風味はかなり強力で、しっかりと濃い味でアピールしてくる。

5DS_0972

そこに参戦するかやく類は程良く香辛料を利かせた鶏肉そぼろと、独自の風味が旨いタテ型タイプにしては大きいチャーシュー、そしてネギとしゃきしゃき食感のメンマ。

5DS_0979

これらの組み合わせはたまらなく旨い。絶妙でありつつ完璧。本来の薄味系統の東京ラーメンも良いが、こうしたクッキリとした美味しさもまたアリだと感じた。

5DS_0990

ただ惜しいのは下味まで付けた適度な弾力と滑らかさのある角刃仕上げのめん。スープと具材が本格的なだけに、カップ麺標準の油揚げめんとしては美味しいのだけれど、白さが際立ってしまうその麺はどうしても引けをとってしまう。できることならノンフライ麺で味わってみたかった。

5DS_0999

それでも全体としてはとても美味しいカップ麺。東京ラーメン及び、本来の昭和の中華そば好きにはかなりアピールできる内容だ。さらに濃く脂っこい味に馴れた近年のコンビニ舌にも対応するシャープな美味しさもあるので、醤油ラーメン党の人は一度試した方がいいだろう。

5DS_0985

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:ご当地最前線 東京中華そば

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック