魔法のふせん『マグネティック・ノート』(magnetic notes)は、どこでも貼れる新たなコンセプトのメモだ!

に不思議な製品である。これを何と呼べばよいのか。付箋の進化形か、全く別物か。家庭やオフィスで使い、場所を問わずに張り付けられるメモが9月下旬に発売される。「魔法のふせん」の肩書を持つ、その名は『マグネティック・ノート』(magnetic notes)

マグネ付箋3 壁

金属のボードや壁はもちろん、木の板やプラスチック、壁紙、机、冷蔵庫などのキッチンまわり、クルマのフロントガラスの内側や外側などにもテープやピン、糊などの留め具不要で貼ることができる。

マグネ付箋5冷蔵庫

さらにほとんどの筆記用具が使え、白い裏面に水性マーカーで書けば繰り返し使うことができる。

マグネ付箋4 ガラス

吸着の秘密は静電気の力を利用していることで、静電ポリプロピレンフィルムを使った製品である。16歳の娘に早速、使ってもらって感想を聞いた。

マグネ付箋7 メッセージも

普通の付箋紙は吸着部分が一部、糊成分がついているところだけだが、『マグネティック・ノート』は全面で吸着するので安定し、はがれにくい。紙の付箋と比べてかさばりにくいので、大学ノートにもスマートに使え、貼る場所を簡単に移動することもできる。文字を書くのも便利だそうだ。勉強用や机回りのちょっとしたメモには非常に便利だどいう。ただ、ノートを何度も開け閉めしていると吸着力も弱くなり、薄くひらひらしているので、どこかになくなりやすい感じがするという。

マグネ付箋8 引っ越し整理

筆者も使ってみた。小さいサイズは、通常の付箋よりかさばらないため、確かにノートや手帳にメモ張りする使い勝手は非常に良い。大きいサイズも、店頭の値段表示やポップ、ビルの中での臨時の順路案内などに使うには便利だ。貼った跡を残す心配もないため、短期間割り切って使うには非常によい。開け閉めの頻度の多い家の玄関のドアなどで10日ほど使ったが、しっかり吸着していた。貼る場所にもよるが、湿気の少ない場所なら、数か月程度の長期間使用にも耐えられるだろう。ただ、付けたり、はがしたりを繰り返すような使い方では、時間の経過につれて吸着力も次第に弱くなってくる感じはする。

サイズはS、M、Lの3種類で、色はピンクやオレンジなど全8色。価格は未定。9月下旬以降に、東急ハンズやロフトなどで全国発売する予定。発売元は株式会社ウインテック(大阪府高槻市)。

 

魔法のふせん『マグネティック・ノート』(magnetic notes)、一度試してみる価値のある商品である。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:魔法のふせん『マグネティック・ノート』(magnetic notes)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中原 宏実

中原 宏実

40代男性。在京大手メディアのビジネスライター。良質の雑貨や文具は日々の生活を豊かにし、仕事のクオリティ向上にもつながると信じている。

この記者の記事一覧

トラックバック