『ビアフォーマー』で“おいしい”泡のビールをファッショナブルに実現!スティックタイプでグラスを選ばない!

身の一輪挿しのような美しいスティック。これがビールを美味しくする魔法のスティック、『ビアフォーマー』である。発売元は株式会社グリーンハウス(東京・渋谷区)。ビールが美味しい季節、さっそくこのオシャレな『ビアフォーマー』を試してみた。

1

ビールに差してスイッチに触るだけ!

本当に見た目だけでは、一体何に使うものなのかわからない。よくよく見ると、本体の中心付近に電源のマークがうっすらと見えていて、何かIT機器のようにも見える。

しかし、これが『ビアフォーマー』なのである。ビールにクリーミーな泡をもたらす、超音波を発する道具なのである。

2

まず本体中央に、単4電池を2本入れる。これで約1時間、使用することが可能になる。

3

スイッチは、「押す」のではなく「触れる」だけ。そっと触るだけで、緑色のLEDライトが点灯。これで準備OKだ。

4

ビールを美味しくするために、クリーミーな泡を発生させる道具はいろいろあるが、なかにはなかなか上手く泡を発生させられないものや、使い勝手の良くないものも少なくない。果たして、この『ビアフォーマー』はどうだろうか。

5

使い方はとても簡単。このスティックをビールの中に差し込んで、スイッチに軽く触れるだけ。

本体ごとビールに差し込む方式は、実はありそうであまりないタイプ。この方式だと、ジョッキの形状やグラスの厚さも関係ないし、ジョッキやグラスを全く選ばないという、大きなメリットがある。

7

40KHzが生み出すきめ細かな泡

さっそくジョッキに注いだビールに『ビアフォーマー』を差し込み、スイッチに触れてみると、いとも簡単に泡が発生した。

『ビアフォーマー』が発する超音波は、振動周波数が40KHz。つまり1秒間に4万回の振動をビールに与える周波数で、非常にきめ細かいクリーミーな泡を実現できる周波数なのだそうだ。

8

このクリーミーな泡は、ジョッキの中でしばらく消えない。いつもの缶ビールが、ビアホールで飲む生ビールのように変身する。しかもそれには特別なワザも工夫も必要ない。この『ビアフォーマー』をビールに差して、スイッチに触れればいいのである。

9

使わないときも、食卓に置いて全く邪魔にならず、むしろインテリアとして楽しむことができそう。

価格はオープン価格で、現在amazonでは2918円で発売されている。

誰でも簡単、確実に“おいしい”ビールが実現できて、しかも見た目にオシャレなこの『ビアフォーマー』、記者的には、とてもお買い得な商品だと思える。

この夏、ビール好きな方は、この魔法のスティック。おすすめである。

オススメ度:(買っても損はない)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック