『全国麺めぐり 徳島ラーメン』豚骨スープを醤油で黒く染め上げた流行りの「黒系」は脂たっぷりのスタミナ派!

んまる目で三つ編みのスーちゃんキャラクターでお馴染みの寿がきや食品から、流行りの濃厚「黒系」醤油豚骨ラーメンの『全国麺めぐり 徳島ラーメン』(124gうち麺70g・希望小売価格 税抜227円・2015年7月20日発売)が登場。徳島のご当地ラーメンとして最近人気が高まっている「黒系」をいざ!

 

四国東部に位置する徳島県。全国44位/約80万人の少ない人口だと言うのに、そこで愛される徳島ラーメンは3種類もある。大きく分けて「黒(茶)系」「黄系」「白系」で、黄系は鶏ガラ野菜を薄口醤油で仕上げたサッパリタイプ。白系は豚骨スープで博多ラーメンなどに近い。

IMG_8661

そして今回の『全国麺めぐり 徳島ラーメン』で再現されているのが「黒系」だ。茶系とも言われるだけあって、その色味は醤油の色。生卵を入れて食べることで知られているが、今回はそこまでは再現されていない。まあやりたいなら勝手に自力でやればいいのだけれど。

IMG_8668

さてフタをめくって後入れ液体スープとかやく入り先入れ粉末スープを取り出すと、中からたまご色の細かく縮れたノンフライ中太麺が見える。かやく入り先入れ粉末スープのかやくは豚肉、モヤシ、ネギの3種類。湯入れ4分で完成だ。

IMG_8684

4分経過してフタを開けても麺がほぐれていないので、この段階でしっかり箸でほぐしていくのがノンフライ麺のお約束。しっかりほどけたところで液体スープを投入だ。確かに一気にスープが黒くなる。香り立つのは醤油と豚の脂の香りの合体したもの。いかにもコッテリな濃い口の香りだ。

IMG_8687

さあ、一口、まずはスープから。脂感強、醤油感強で、中国料理店の肉そばのようなあんかけ的な濃厚フィーリングが満ち満ちている。まさにスタミナラーメン。じっくり炊きだした豚骨スープをガツンと醤油で割った黒系スープは濃厚ラーメン好きにはたまらない魅力だろう。

IMG_8691

さらに麺はノンフライだけあって細くはあるものの、かなりの生麺感触。縮れが強いのでスープの脂を全部絡めとって口に運んでくるのが強力だ。口の中で豚脂特有の甘みと醤油の旨味が濃厚に絡み合う中にコシが強く粘りのある麺が参戦してきて濃厚なことこの上ない。とにかくパワフルな印象の一杯だ。

IMG_8693

ただかやくに関しては、豚肉チャーシューやネギはそれなりの存在感があったものの、もやしは言われてみないと気づかないほど細く頼りないので今ひとつ。

IMG_8707

全体的に繊細さよりも豪快さを良しとするなら、スタミナ風味のこのラーメンをきっと気に入るはず。その代わり脂感の強いラーメンが苦手なさっぱり好きには絶対おすすめできない。

IMG_8712

オススメ度:(良い商品です)
公式サイト:全国麺めぐり 徳島ラーメン

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック