『日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品』ソースを130%に増量したスペシャルU.F.O.が登場!

近復活した「ペヤング」とともに1976年に誕生以来長きにわたって愛され続けている日清食品のカップ焼きそばブランド「U.F.O.」。その39周年を祝して登場したのが『日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品』(132gうち麺100g・希望小売価格 税抜180円・2015年7月13日発売)である。普段から十分濃厚なU.F.O.ソースを130%に増量したというので、どれくらい濃いのか検証する。

 

カップ焼きそばの現在はと言えば、やはり「U.F.O.」であり「ペヤング」であり、近年人気を伸ばす「一平ちゃん 夜店の焼きそば」が三大ブランドだ。あっさり系の「ペヤング」、マヨビームで究極に濃い口を実現する「一平ちゃん 夜店の焼きそば」と考えると、実は平均的な立ち位置といえるのが「U.F.O.」。

IMG_6999

この『日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品』で使用されているのはお馴染みのスパイスを練り込んだ油揚げめん。フタをめくるとびっしりと目の詰まった麺の姿に圧倒される。かやくもキャベツ、味付豚肉、青のり、紅生姜と変更なし。調理時間も3分だ。

IMG_7002

お湯を入れながら考えてみると、昔に比べればカップ焼きそばの湯切りは随分と楽になったと感慨に耽る。プラスチックの切り込み型の湯切り口・最後の砦ともいうべき「ペヤング」が復活を機にシールタイプに鞍替えしたことで、もはや湯切り時にシールを剥がしてお湯を捨てるタイプでないものを探すほうが難しくなった。

IMG_7014

ちなみにこのシール式湯切り口をいち早く取り入れたのがこの「U.F.O.」。1999年に採用してから他のメーカーも次々に右に習って現在に至っている。とは言え便利になったからといって油断はいけない。ザッと一回湯切りしただけで満足していないだろうか? 確実を期するなら一度湯切りした後、再び中身を振り、今一度湯切りするべき。この湯切り加減でソースの濃さが変わってしまうので、実はこの確実な湯切り作業こそカップ焼きそばの肝とも言える。

IMG_7020

さて実際に湯切り後、130%増量という液体ソースをかけてみる。なるほど、いつもに比べれば下に溜まるソースの量が多いかもしれない。しっかりかき混ぜないと味が薄くなるのがカップ焼きそばだが、これならそんなに神経質にならなくてもしっかり混じる。

IMG_7027

一口食べてみると、「U.F.O.」独特の濃い味ソースが確かにさらにキリリと存在感を増しているように感じた。麺主体に小麦の風味を味わうタイプの焼きそばではない。明らかにソースを味わうために麺がある、といった趣だ。

IMG_7030

屋台の焼きそばでちょっと味付けが濃くなってしまっているなと感じる時のような感覚。これはこれで美味しい。特に濃い味に馴れたコンビニ・チルドレン世代には効果的にアピールするだろう。

IMG_6992

キャベツなどの具材もやはりソースを味わうために存在する感じ。炒めた豚肉の旨味を感じさせるソースは確かに旨いので、こうして強力にアピールされても一向に嫌味ではない。

いろいろ変わり種のカップ焼きそばが多い昨今だが、たまには原点に立ち返ると味覚がリセットされていいのではないか。この『日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品』は、確かにソース量は多いが、やはり基本の「U.F.O.」味をしっかり再認識させてくれる内容。カップ焼きそばファンなら必ず食べておきたい。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック