湖池屋の頑固あげポテト『焼きのりわさび味』絶妙のコンビネーションで食べ出したら止まらない!

合スナックメーカー・株式会社湖池屋(東京)が2014年2月から売り出している「頑固あげポテト」が人気を集めている。このほど発売した『焼のりわさび味』を試してみた。

ポテチお皿2

頑固あげポテトは、同社が50年以上前にポテトチップスを初めて発売したころの食感を再現したこだわりの商品だという。「釜揚げ製法」という当時の製造方法を踏まえ、これまで受け継いできた技術力を伝えたい、という思いからのネーミングだという。様々な味の製品が出ているが、今回の『焼きのりわさび味』は、焼きのりの香ばしさに、わさびの辛さが絶妙にまざりあった味わいである。おさら3

食感はアメリカやヨーロッパで売られている「ケトル」という手焼き風のチップスに似ている。口に入れると、最初わさびの味が口に広がり、つーんとした辛味が広がるが、その後に焼きのりの柔らかい甘い味わいが続いて、うまく調和されてゆく。そして香ばしい風味とともに食がどんどん進む。まさに絶妙のコンビネーションである。

手持ちポテト

わさびの辛い味わいは大人でも苦手な人は多いが、こうした組み合わせだとその抵抗感を楽々と乗り越えてしまうことができる。「ちょっと辛い胡椒」というイメージでビールにもあいそうだ。

ポテチ仕様

食べているうちに気付くのは、焼きのりの風味とともに口の中に広がるポテト自体の甘さである。国内産のじゃがいもを使っているだけに、日本のおいしいじゃがいものうまみを再認識することができる。

実勢の販売価格は税別で125円前後。

現在、「伝説の一斗缶ポテチ プレゼントキャンペーン」を実施しており、キャンペーンのサイトから応募すると、抽選で「伝説の一斗缶ポテチ」あるいは「箱ごとポテトチップス」がプレゼントされる。応募締め切りは、1回目が7月12日24時、2回目が9月27日24時。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中原 宏実

中原 宏実

40代男性。在京大手メディアのビジネスライター。良質の雑貨や文具は日々の生活を豊かにし、仕事のクオリティ向上にもつながると信じている。

この記者の記事一覧

トラックバック