『シェフズリザーブ 冷たいスープシリーズ 冷たいえんどう豆のスープ』腹持ちのいい冷製スープはダイエットにも

やかなパッケージデザインへと一新した「シェフズリザーブ」の冷たいスープシリーズ。SSKセールス株式会社(静岡県静岡市)から新たに『シェフズリザーブ 冷たいスープシリーズ 冷たいえんどう豆のスープ』(170g・オープン価格・発売中)も加わった。

 

えんどう豆と言われてもピンと来ない人にはグリーンピースと言えばわかるだろうか。これも立派な緑黄色野菜だ。子どもが嫌いな野菜としても結構有名で、塩茹ででマヨネーズ付けてが美味しいサヤエンドウも同じもの。

IMG_5789

えんどう豆のぽそっとした食感が嫌い、青臭い香りが苦手、見た目も何かイヤだと毛嫌いされがちだが、実はダイエットに打ってつけなのだ。よくトクホを謳うドリンク類に添加されている難消化性デキストリンは水溶性だが、こちらは不溶性食物繊維を多く含んでいるのが特徴。消化されずにそのまま腸まで進み、整腸効果があるのは同様だが、より消化されにくく腹持ちが良いことからダイエットに向いている成分。

IMG_5798

そんなグリーンピース(えんどう豆)には北海道産を使用し、国産タマネギのソテーを合わせて作られたのがこの冷やして飲む『シェフズリザーブ 冷たいスープシリーズ 冷たいえんどう豆のスープ』。暑い季節に飲む冷たいスープはことのほか美味しいもの。記者もじゃがいもで作られたヴィシソワーズなどは毎日飲みたいくらい。

IMG_5807

さあいざ、飲んでみよう。小振りなカップにはチルドタイプのコーヒーやジュースに付いているような伸縮ストローが付属している。よく振ってからズブッと頭に突き刺してチューチュー。おお、これはかなり強力にグリーンピース。ざらついたところが美味しい冷製スープだが、飲み終わった後にかなりはっきりとグリーンピースの風味が感じられる。

IMG_5815

多分グリーンピースが苦手な人は、そこが厳しいだろう。ただ健康のため、ダイエットのためと思えば飲めなくもないだろうか。ちなみにこれ一本で68kcalの低カロリーでたっぷりの食物繊維が摂れる。

 

IMG_5820

 

グリーンピースの風味が苦手ではない人には手軽で美味しい冷製スープ。普段から冷蔵庫にストックして冷やしておけば、野菜不足を感じた時にサッと取り出して飲むのがスマートなのではないだろうか。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイト:シェフズリザーブ 冷たいスープシリーズ 冷たいえんどう豆のスープ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック