サントリー『黒烏龍茶』リニューアル!ミランダ・カーに似合うスタイリッシュな350mlボトルで発売中。

黒さは効果の証。2006年の発売開始早々は年間620万箱を売る大ヒットとなったサントリー『黒烏龍茶』が、発売10年目を迎える節目にリニューアルを実施! 世の男性だけでなく、女性ファン拡大に向けて動き出している。

黒烏龍茶CR5_1584

現在、テレビCMに出演しているのはオーストラリア出身のファッションモデル、ミランダ・カー。

20代~40代女性に絶大な人気を誇る彼女が、CMではとんかつなどの揚げ物を食べ、さっとカバンから黒烏龍茶を取り出すという内容だ。

なぜだろう、黒烏龍茶がとてもおしゃれに見える……!

黒烏龍茶CR5_1591

それもそのはず。これまでの『黒烏龍茶』350mlボトルは、ホットのペットボトルでよく見る小型のもの。それがこのたび、細長いスタイリッシュなボトルに進化したのだ。寸胴だったこれまでのボトルから、すらっと長くなり真ん中にはくびれらしきものが出現。ボトルの見た目からすでに脂肪がつきにくくなることを期待させる。

黒烏龍茶CR5_1592

しかし進化したのは見た目だけではない。味や効果もパワーアップしている! グラスに注いでみると見た目はこれまでの『黒烏龍茶』と変わらないが、新たな茶葉を配合することで苦みや渋みを軽減しているという。飲んでみると、確かに以前よりも苦みが少なくなっている! もちろん普通の烏龍茶に比べると茶葉の味が濃いのだが、とても飲みやすくあっさりした味わいだ。

黒烏龍茶CR5_1593

味があっさりすると効果が減少するのでは、と心配になる人もいるだろう。そこは安心、『黒烏龍茶』の「黒」の要因である「ウーロン茶重合ポリフェノール」によって食後の脂肪の吸収が抑制され、身体に脂肪がつきにくくなることがきちんと検証されている。食後は誰しも血中中性脂肪が上昇し、4時間後にピークを迎える。だが食事の際に『黒烏龍茶』を飲んでいると、飲んでいない場合と比べると2時間後から徐々に差が開き始め、ピークになる4時間後には血中中性脂肪が約20%も抑制される。(詳しくはサントリーHPへ)

黒烏龍茶CR5_1610

さらには毎日飲み続けることで、身体の脂肪面積が減少することも実証されている。毎日どれくらい飲めばいいかというと、黒烏龍茶公式サイトによれば「脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方は、お食事の際に1回350mlを目安に」「体脂肪が気になる方は、お食事の際に1日2回(1回350ml)を目安に」とされている。1度の食事で350mlはごくごく飲める量。持ち運びやすくなったこの350mlボトルをかばんに入れておけばOK。

黒烏龍茶CR5_1603

また、女性からは「ウーロン茶はきついから、飲んだら胃が痛くなる」という声もよく聞かれるが、普段は烏龍茶で胃が痛くなる記者も『黒烏龍茶』ならこれだけの濃さがありながらまったく痛くならなかった。普段は麦茶を飲んでいる人も、脂肪や油分の多い食事の際には『黒烏龍茶』に変えてみるのもおすすめ。もちろん、カロリーはゼロ。

黒烏龍茶CR5_1614

サントリー『黒烏龍茶』350mlはその効果が消費者庁に認定されたトクホ(特定保健用食品)であり、日本人間ドッグ健診協会推薦。1本350mlあたり160円(税込172円)。

ちょっとお高めだが、脂肪が増える夏にはぴったり。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック