『日向夏グミ』は、2種類の食感が楽しめる!甘酸っぱさが大人のおやつにぴったり。

崎県のご当地果実「日向夏」を使ったお菓子やドリンクが、今年も続々登場! 本日は、カバヤ食品『日向夏グミ』を食べて夏をサキドリしてみたい。

 

カバヤ食品といえば「さくさくパンダ」や「ピュアラルグミ」でおなじみ。子供たちが大好きな甘いお菓子は十八番である。が、今度のグミはちょっと大人の雰囲気がただよっているから見逃せない。

日向夏グミIMG_5720

日向夏とは宮崎県原産のかんきつ類で、見た目も味もグレープフルーツに似ているが酸味は少なくみんなが食べやすい味。旬の初夏だけ楽しめる。『日向夏グミ』は、宮崎県産日向夏果汁を使用している。

日向夏グミIMG_5725

ここまでなら普通の果汁入りグミなのだが、『日向夏グミ』にはちょっとこだわりがある。普段わたしたちがみかんを食べるときに、邪魔者のような扱いをして取ってしまう白い綿のような部分(白皮)を、この『日向夏グミ』では利用しているのだ。実は日向夏はみかんと違い、白皮に苦みや渋みがなく、むしろ甘い。

日向夏グミIMG_5727

中身を出すと白と黄色の見た目からわかるように、ふかふかした綿のような白皮層とジューシーな果汁層を2つで1つに合わせることで、2種類の食感と味が楽しめるグミに仕上がっている。ただの果汁入りグミではなかった!

日向夏グミIMG_5728

ひとつひとつが、まるで小さくカットした日向夏。グミには珍しい白い色がとても爽やかで夏らしい印象だ。

日向夏グミIMG_5729

ひとつ食べてみると、白い部分はふわっと溶けて果汁部分はグミらしい噛みごたえがある。これは今までにない食感! 味は甘いけれどさっぱりしていて、夏みかんのような甘酸っぱさ。噛めば噛むほどジューシーで、ついつい次の1個に手が伸びてしまう。グミは子供の食べ物というイメージが強いが、これは大人のおやつにぴったり。

日向夏グミIMG_5736

カバヤ食品『日向夏グミ』は期間限定で全国のスーパーやコンビニなどで発売中。1袋あたり100円(税込108円)というリーズナブルなお値段も魅力。汗がしたたる湿気の多い夏には、この爽やかなグミがおやつにオススメ。今だけの味をお見逃しなく。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック