『柿の種 ソースマヨ味』は、有村架純開発部長プロジェクト第1弾!濃い味なのに、まろやかで飽きない味。

、もっとも勢いのある女優・有村架純さんのアイデアで生まれた『柿の種 ソースマヨ味』は、売り切れ次第終了の期間限定! ソース×マヨネーズというテッパンの組み合わせは、柿の種をどんな風にしてくれたのか?

 

柿の種といえば、いわずと知れた亀田製菓の大人気あられ菓子。新潟県長岡市で生まれ、1950年から約65年間も愛されているロングセラーだ。世界的作家・村上春樹氏に「考えついた人にノーベル平和賞をあげたい」とまで言わせた一流のあられ菓子である。

柿の種IMG_0136

そんな柿の種が、人気若手女優とコラボレーション! 「有村架純開発部長プロジェクト」を発足し、亀田製菓の若手社員と共に、まったく新しい柿の種をつくるという特別企画がスタートしている。有村架純さんといえば兵庫県伊丹市出身の女優さんで、所属事務所の先輩には広末涼子さん、戸田恵梨香さん、吉瀬美智子さんら人気女優が勢ぞろい。今もっとも注目されている女優のひとり。そんな彼女自身の声から生まれたのがこの『柿の種 ソースマヨ味』なのだ。

柿の種IMG_0138

ソースマヨ味そのものは珍しい味ではないが、ソースにはこだわりが。「旨み・甘み・辛み」それぞれの特徴を持つ3種類のソースをブレンドし、隠し味には味噌をチョイス。実際に食べてみると、ソースの濃い味とマヨネーズのこってり風味の中にも、まろやかさがある。これは味噌のおかげなのだろう。有村さん出身の関西らしい、甘さと辛さがどちらもあるソースの味。

柿の種IMG_0150

そしてさらに。ソースやきそばをイメージさせるような「あおさ」と「紅しょうが」もミックスされている。見た目の黒い斑点の正体は、この「あおさ」だった。磯の香りが食欲をそそる。柿の種はもともとピリッと辛いが、こちらの場合は紅しょうがで辛さをプラス。いくつ食べても飽きない、ビールによく合うベストな辛味だ。

柿の種IMG_0153

これはこれでおいしいが、意外性がないことは否めない。実はこの『柿の種 ソースマヨ味』が誕生するにあたり、別候補として「ベイクドチーズケーキ味」と「キャラメル味」があがっていた。どれもおいしそうなので、今後ぜひ販売してほしい!

柿の種IMG_0133

亀田製菓『柿の種 ソースマヨ味』は、1袋あたり税込108円。このクオリティで108円はかなりお得。晩酌のおともにオススメ。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック