にゃんたる癒しの効果!『にゃんともかわいいアイクッションの会』はフェリシモ猫部の最新アイテム!

行やオフィスでの休憩などで役立つアイマスクが、なんとも「もふもふ」になった! 株式会社フェリシモによる『小さなもふもふ応援団 にゃんともかわいいアイクッションの会』は、にゃんこのカタチをした猫好きにはたまらないアイテム。

 

フェリシモといえば、ゆるカワのファッション通販ブランド。ママや子供のおしゃれな洋服がたくさんある以外にも、かわいい雑貨やインテリアまで揃う大人気ブランドだ。

アイクッションIMG_1728

今話題の『小さなもふもふ応援団 にゃんともかわいいアイクッションの会』は、「フェリシモ猫部」という猫好きのための猫グッズを数々発信する部門が手がけた商品。フェリシモ猫部はこれまでにも猫型の枕カバーや猫きんちゃく、肉球ポーチなど数々のアイテムを登場させている。中には肉球の香りハンドクリームという一風変わったものも! ちなみに、フェリシモ猫部のシリーズ商品を買うと、売り上げの一部が「フェリシモ猫基金」として動物の保護活動や里親支援活動のために運用される。

アイクッションIMG_1738

この『小さなもふもふ応援団 にゃんともかわいいアイクッションの会』は、その姿が完全に猫のぬいぐるみ。お部屋に置いていても一目でアイクッションだとはわからないほど、ふわふわしていてかわいい。アイマスクやアイクッションを使うシーンは、旅行や出張などの移動時をはじめ、仕事や家事の合間など人それぞれではあるが、外出先でこれを着けるには少々勇気がいるかも……。

アイクッションIMG_1609

実際に使用してみると、おなかの部分にふわふわのビーズクッションが入っていてとても気持ちがいい! 約150グラムという目の上に乗せるのにちょうどいい重さ。

アイクッションIMG_1734

そして何といっても肌触りがいい。猫のもふもふポイントは肉球だけではなく、おなかも魅力のひとつ。おなかのもふもふが、ふんわりとまぶたに触れ、にゃんとも癒されるのだ。ただ、アイシャドウやアイラインなどの粉がついてしまう可能性はある。美しい白いもふもふを維持するには、こまめに手洗いをするのがよし。お手入れは手洗いで陰干し。

アイクッションIMG_1735

実はこのにゃんこ、アイクッションだけではない。にゃんこのあごの下としっぽにスナップがあり、パチンと止めると腕や足ににゃんこがぴたっとくっつくのだ。

アイクッションIMG_1730

まるで寂しがり屋の猫が、飼い主に甘えているかのよう。日頃の疲れを癒してくれる存在になりそうだ。

アイクッションIMG_1623

今回使ってみたのは三毛猫だったが、『小さなもふもふ応援団 にゃんともかわいいアイクッションの会』には6種類のバリエーションが勢ぞろい! 白、黒、ぶち、グレーなどいろんなにゃんこがずらり。「6回限定コレクション」なので、1度申し込むと毎月1匹ずつ届けられるシステムになっている。どの子が届くかは選べないのだが、毎月増えていく猫たちに囲まれて、猫まみれになるのも幸せだろう。(1匹のみの購入も可能)

アイクッションIMG_1726

『にゃんともかわいいアイクッションの会』は、1個2100円(税込2262円)。購入はフェリシモ公式ショッピングサイトで。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック