『ポテトチップス 温泉たまご味』コンビニ限定で登場! 鰹だしと卵黄のコクが合わさった濃厚味だった!

わり種・ネタ系チップスといったらヤマヨシ! 今度は何と『ポテトチップス 温泉たまご味』(65g・希望小売価格 税抜150円・2015年4月13日発売)。本気なのか、ナメているのか、美味しいのか、まずいのか……さっそく検証してみた。

 

まずはコンビニ限定ということを明記しておく。いまやコンビニといえば食のアミューズメントパーク。現れては消えていく蜃気楼のようなネタ食品の宝庫。そこでの冒険はかなりの確率で失敗に終わり、そこで定番化して棚をゲットするのはおそらくミュージシャンが武道館公演を実現するより難しい。

IMG_4463

そんな中で、温泉たまご味…。捨て身の一品と思っても無理はないだろう。そもそも温泉たまごと言ったら、ほとんどの人が温泉郷の硫黄の香りを連想してしまうのではないか。硫黄の香りのポテトチップス…、それを美味しそうと思うのはかなりの想像力が必要だ。

恐る恐る開封してみる。おや、硫黄の香りじゃない。温泉たまごにかかっている鰹だしのしょう油の良い香りとほんのりした卵のいい匂いがする。

IMG_4475

そしてその味、驚くほど温泉たまごなのである。もちろんポテトチップスになってる時点で別物の食感ではあるのだけれど、塩気は少々キツめだが、ダシとともに味わう濃厚な半熟卵の黄身の美味しい味がするのだ。これは意外。ネタ一本槍と勘違いして非常に申し訳ない気がする。

正直一本取られた。卵黄パウダーを使用して実現した卵風味と濃いめの鰹だしのハーモニーは、きちんと美味しい。というか、温泉たまごの美味しさを思い出したという方が正解かもしれない。

IMG_4481

日常的にはあまり食べる機会自体少ない温泉たまごだが、こうして実にわかりやすくその美味しさをわからせてくれると、本物の温泉たまごが食べたくなる。そういう意味で、温泉たまごの美味しさを忘れかけていた人はぜひ食べてみるべきチップスである。

IMG_4455

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:ポテトチップス 温泉たまご味

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック