『Sawaday® BOTANICAL(ボタニカル)』新登場! 本物のドライフラワー使用で、量産品のイメージを払拭!

産の芳香剤もここまで来た。小林製薬の「サワデー」シリーズから、天然ドライフラワーを使ったホームフレグランス『Sawaday® BOTANICAL(ボタニカル)』が3月26日(木)より発売中だ。

 

「爽やかサワデー♪」というかつてのイメージは、もはやそこに無い。「サワデー」はこの5月で発売40周年を迎え、ブランドロゴも「Sawaday」と英字表記に統一されるという。パッと見ただけでは量産品と思えないデザイン&クォリティを採用しつつ、価格の安さとどこでも買える手軽さを維持している小林製薬の努力を評価したい。最高級ラインであるこの『BOTANICAL(ボタニカル)』でさえ店頭価格は600~700円程度。天然ドライフラー使用の似たようなフレグランスを雑貨店で探せば、3,000円は下らない。

 

同社のラインナップには先日ご紹介した「Sawaday®香るstick」シリーズもあるが、今回は香りはもちろんのこと、見た目にも”よりナチュラル感”にこだわりたいという人向けに本物のドライフラワーを使用したという。

お花を飾る感覚で部屋を彩り、香りも楽しむ。天然ドライフラワーは、種まきからこだわり世界6カ国から調達しているというこだわりぶり。ひとつひとつ丁寧に加工されている。またデザインはフローリスト監修。

41-8_edited-3
種類は全部で4種類。
Pink Natural Blossom(ピンクナチュラルブロッサム)
The Fresh Forest(ザ フレッシュフォレスト)
Relaxing Blue(リラクシングブルー)
Yellow Garden(イエローガーデン)
41-7
今回は、ピンクナチュラルブロッサムを用いてご紹介する。
41-6
セット内容は、本体(ガラス)

ドライフラワー(フロレンティナ・ソフトカスミソウ・ビジョンビー)
41-2_edited-1
液はねに注意しながらボトルのキャップをはずす。
41-3_edited-1
ドライフラワーを1本ずつ全体に広がるように差し込む。ドライフラワーを差し込んでから、液が吸い上がるまでは約半日ほどかかる。
41-4_edited-1
ピンクナチュラルブロッサムは、オレンジブロッサム、ジャスミン、リリーなどの芳しいフローラルブーケにレモンやペアなどでみずみずしさをプラス。ラストはムスクとバニラの甘さが柔らかく広がる。

華やかで上質感のあるグリーンフローラル・パウダリーの香り。
自然植物(ボタニカル)を使用したピンク色のドライフラワーと、カスミソウの繊細さが柔らかい雰囲気で、見た目にも可愛らしい。

41-8_edited-2
それぞれ、香りのテーマに合わせてドライフラワーも異なり、見た目の印象もガラリと変わる。

 

「ザフレッシュフォレスト」はボアプランツ、イグサ、アカイグラスを使用。鮮やかなグリーンが目を惹く。やさしく広がる森のをイメージしたフローラルグリーンの香り。

 

「リラクシングブルー」は、ブルーに染められたソフトカスミソウとビジョンビーを使用。上質で洗練されたフレッシュフローラルの香り。

 

「イエローガーデン」はボタンフラワーとラグラスを使用。華やかな香り立ちのフローラルマリンの香り。

 

それぞれにテーマカラーがあるので、お部屋の雰囲気に合わせて「色」から選んでも良いかもしれない。香りの持続期間は1ヶ月~2ヶ月。

 

デザインや本物志向を好む人達からは支持を集めそうだ。つけ替え用のボトルのみも販売する。3月26日(木)より全国の薬局・薬店、スーパー、ホームセンターなどで購入出来る。

 

当然のことながら、置き場所には注意をしよう。カーテンの近くや倒れやすいところには置かないように。また火気や直射日光が当たる場所、湿気の多い場所も厳禁である。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック