『ティーヌン監修 元祖トム ヤムラーメン』は日本人向けに調整した程よいタイ風味でスッパ辛さがクセになる!

わゆる世界三大スープの一つとされ、その激辛ぶりでも名を馳せるトムヤムクンをベースにしたエースコックの『ティーヌン監修 元祖トム ヤムラーメン』(89gうち麺70g・希望小売価格 税抜205円・2015年3月30日発売)。監修の「ティーヌン」はもちろん日本で有名な1990年代からあるタイ料理チェーン。

 

トムヤムクンの特徴はといえば辛みはもちろんだけれど酸味もあるところで、魚醤であるナンプラーとパクチーことコリアンダー風味の好き嫌いでけっこう好みがわかれるところ。

ただすっぱ辛いスープというのは癖になるもので、中国料理の酸辣湯麺とともにたまに食べたくなる味なのではないだろうか。

IMG_3935

油揚げめんに湯を注ぐ段階では、「ティーヌン」の店の前を通りかかったくらいのほのかなタイ料理臭。しかし調理後の後入れ液体スープを入れることで、一気に店内に入ったかのように香り立つ。スープの正体はナムプラー主体。酸っぱさを実現しているレモングラスとともに、ここで一気にトムヤムな香りになる。

IMG_3941

激辛を予測しておっかなびっくりスープをすすってみたが、爽快な辛みはあるし、それなりに汗を出させる程度ではあるが、激辛ではない。それより圧倒的なのがその酸っぱさ。辛くて酸っぱくて、そこにチキンとエビをベースにナムプラーで仕上げた、異国情緒あふれる旨さが広がる。パクチーの香りも抑えめで、かなり万人受け可能な美味しさと感じた。隠し味のココナッツも必要最低限だ。

IMG_3944

かやくはエビとチンゲンサイとネギと赤ピーマン(一瞬赤唐辛子かと思ってビビるが)の4種。それらと一緒に味わうのが角刃で仕上げた弾力性たっぷりの油揚げめん。

IMG_3970

 

麺自体にもチキンやポーク、しょう油などで味をつけている小技が光るその麺は、このトムヤムスープにとても合う。油揚げめん特有の油味が辛味と酸味のスープと調和して、とても美味しく感じられるのだ。

IMG_3952

記者はタイ料理は好まない。だけれど、こうした香辛料の加減で酸っぱ辛い旨味を体験させられてみると、今一度タイ料理に挑戦したくなってきた。何というか、その独特の美味しさの味わい方の手がかりを得た気がしたのだ。

IMG_3959

そういう意味で、今までタイ料理はちょっと…と思っていた人でもチャレンジ可能なレベルに抜群のさじ加減で合わせてある『ティーヌン監修 元祖トム ヤムラーメン』なので、食生活の幅を豊かに広げるためにも一度チャレンジしてみてはどうだろうか。

IMG_3967

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:ティーヌン監修 元祖トム ヤムラーメン

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック