『キグルミン(500ml)』はペットボトルを可愛いキャラクター水筒に変えるカバー!

ェルビー株式会社によるキャップコップ付500ml用ペットボトルカバー『キグルミン(500ml)』(500mlペットボトル用・高さ約25cm/幅約13cm・希望小売価格 税込2484円・発売中)。見た目も子ども好みな愛らしさと実用性が両立したこのシリーズがマイナーチェンジ、新キャラクターが追加となった。

IMG_1477

ちなみに以前紹介した記事はコチラ。

これがペットボトルを水筒化するアイテムの最終形だ! その名も『キグルミン』!
http://www.shin-shouhin.com/2014/09/30/kigurumin/

ではペットボトルをどう水筒化するかというと、以下の通り。

IMG_1467

■付属のキャップコップを装着。
簡単に説明すると、カップ中央にフタをキャッチするギザギザのついた凹みがあり、そこにペットボトルのキャップをはめることによって、装着する。

装着するとそのままペットボトルのフタを開けることが出来る。非力な女性や子どもにとって、ペットボトルのスクリューキャップは開けるのに苦労しがちだが、このキャップコップを装着してがっちりホールドすることによって、簡単にキャップが開けられるようになるメリットがある。

開けた後はそのままコップとして使用できるので、直接ペットボトルから飲む場合よりも衛生的。直接飲みはどうしても雑菌の混入が心配だ。大人ならさして影響は出にくいかもしれないがデリケートな子どもならこっちの方が安心。

 

■キグルミンを着せる
すべり止め付き簡易断熱シートの貼られた内部に、キャップコップを装着したペットボトルを内蔵させる。ファスナーを閉めて、フード上になっている頭部分をかぶせることで完成。キャップコップに描かれた顔部分を正面に向けるとかわいく楽しい『キグルミン』の出来上がり。すべり止めのおかげでペットボトル本体が固定され、キャップ開栓時の取り回しがいい。

と、ここまでは変化のないところ。ところが今回上記記事でも指摘していた固定ストラップ長が調整可能になった。地味なようでこれは大きな改革。今まではストラップが短かったために、バッグの持ち手などに装着するしかなかったのだが、ストラップ長が調整できるようになったことで、たすき掛けで直接カラダに装着することが可能になったのだ。

IMG_1461