ローソン限定『じゃがりこ かき醤油味』は、モンドセレクション金賞の「かき醤油」の旨味が凝縮!

ーソン限定のじゃがりこ『じゃがりこ かき醤油味』は、株式会社アサムラサキのかき醤油ブランド「アサムラサキ」(朝紫)とのコラボレーション商品! 広島県民以外にはあまりメジャーではないかき醤油だが、果たしてじゃがりことの相性は?

じゃがりこかき醤油IMG_0664

かき醤油「アサムラサキ」とは、広島牡蠣のエキスがぎゅっと凝縮したダシと、有機しょうゆを混ぜ合わせた濃厚つゆ。広島県福山市に本社を構える株式会社アサムラサキが製造・販売を行っている一流ブランドで、大正12年(1923)には宮内省御用達となっている。その美味しさは現代まで変わらず、平成24年モンドセレクションでは最高金賞を受賞、そして海外でもiTQi2012(国際味覚審査機構)において日本初となる国際優秀味覚賞三ツ星を受賞! 世界に認められた味なのだ。

じゃがりこかき醤油IMG_0667

一方、じゃがりこといえば言わずと知れたカルビーの大人気ポテトスナック。期間限定商品や地域限定商品も合わせると、これまでにおよそ100種類のバリエーションがある。じゃがりこにはローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどの「コンビニ限定」の風味も多数存在し、当サイトでも「セブンイレブン限定 じゃがりこ ガーリックバター味」「ファミリーマート限定 じゃがりこ ゆず塩」などたびたび紹介している。

じゃがりこかき醤油IMG_0670

『じゃがりこ かき醤油味』は3月31日より全国のローソンで期間限定販売。デザインバーコードに書かれている「まさに!カキ入れどきでしょうゆ!」の文字を見ながら、まさに今食べなくてはいけないと実感する。「かき醤油」とじゃがりこの芋が混ざり合うとどんな味なのか、さっそくチェックしていこう。

じゃがりこかき醤油IMG_0672

フタを開けると、橙色のこんがり焼かれたような雰囲気のじゃがりこが登場。以前ご紹介した「じゃがりこ かぼちゃグラタン味」よりも、だんぜん色が濃いオレンジ。香りはあまりないが、わずかに醤油っぽい。和風なじゃがりこだ。

じゃがりこかき醤油IMG_0675

さっそく1本いただきます! バリッと噛んでみると、ひとくち目から醤油の旨味がじゅわっと出てきた! 魚介ダシと醤油のまろやかな味が絶妙なバランス。牡蠣、かどうかははっきりとは認識できないが、じゅわっと出てくるだし醤油とジャガイモの甘みが混ざり合うのがまたおいしい。期間限定だなんてもったいない。また再販されることを願いつつ、買いだめは必須。

じゃがりこかき醤油IMG_0678

今回のじゃがりこは、立派なおつまみ! ビールはもちろん焼酎や日本酒にも合う。普段はお菓子を食べない人にもぜひ食べてもらいたい。

じゃがりこかき醤油IMG_0681

カルビー×アサムラサキのコラボレーション『じゃがりこ かき醤油味』は、全国のローソン店頭で発売中。価格は141円(税込152円)。期間限定、なくなり次第終了だから、お見逃しなく。

 

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック