『カバスタ』はシュールなスマホ立て! リアル造形×ビビッドなカラーでカバ萌え満喫できる!

海道・旭山動物園にてキリン及びカバを自然に近い形で行動生態を観察できる新施設「きりん舎・かば館」がオープン、下から歩いたり泳いだりするカバを見られたりすることから一気に注目を浴びている動物がカバ。そうカバ萌えは今やトレンドなのである。

そんな中で出たのが、おもしろ雑貨でお馴染みの東洋ケース株式会社(京都市右京区)による、リアルな造形に心がときめかざるを得ないスマホスタンド『カバスタ』(希望小売価格 税抜1400円・発売中)だ。

CR5_1280

基本はスマホ・スタンドなのだけれど、そんなことどうでも良くなってしまうくらい素敵な魅力のこのアイテム。スマホを立てる際にも下の牙を引っ掛けるところが何とも楽しいのだが、用途はそれだけではない。

CR5_1295

箸をおいて箸置きに、牙を利用して指輪などのアクセサリーホルダーに、さらには裏面に穴が開いているのでフックなどに固定して輪ゴムホルダーなどにも活用できるという、考え方次第で無限の可能性を持った代物なのだ。

CR5_1306

そして何より大切なのは、何かに利用した時のそのシュールさ。何を置いても何を引っ掛けても一発芸的なインパクトを与えてくれるところがこの『カバスタ』の醍醐味。

CR5_1267

カラーリングもピンク、オレンジ、ブルー、ホワイト、ブラックがあり、それぞれ現実のカバではありえないビビッドなカラーリングなのが素晴らしい。これで愛らしくデフォルメされていればもう少し子ども向けな穏やかなものになるのだろうけれど、このリアルさが全てをひっくり返している。歯の生え具合から上あごのブツブツまで、これでもかというくらいリアルを追求しているのである。さながら海洋堂のフィギュアのレベル。

CR5_1263

 

何とも不思議な生き物だよな、カバって…と、神様の造形力にひれ伏してしまいたくなる、これぞほんとの神デザイン。そこに自然界にはあまりないカラーリングを施しているところがこのシュールさを生んでいるのだろう。

CR5_1292

これはもう全色取り揃えて並べたい。実際にピンク、オレンジ、ブルー、ホワイト、ブラックのカバが全面的に開口しているその様は壮観である。デスク上でもどこでもいい、あちらこちらに配置してもいい、どう置いても、どう使ってもシュールな匂いをプンプン撒き散らすこの『カバスタ』は雑貨ファンなら即買いの価値が有るだろう。

CR5_1273

もちろん1400円×5個なら7000円になってしまうけれど、それでもこのレベルの造形オブジェが手に入るのだったら、決して高くはないはずだ。中でもホワイトはサイケデリックな彩色を自ら施したくなるキャンバスとしての魅力も果たしている。東洋ケースの匠の技が存分に発揮された『カバスタ』、ぜひ他の動物もシリーズ化して制作してほしいと思った。

【スペック】
色:ピンク、オレンジ、ブルー、ホワイト、ブラック
サイズ:W55mm x D95mm x H80mm
素材:非フタル酸PVC

CR5_1260

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:カバスタ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック