『~ザ・プレミアム・モルツ~マスターズ・ドリーム』 これは醸造家の夢=心震えるほど旨い!を実現できたか?

レミアムビール市場が消費者の熱い視線を集める中、“プレミアムの中のプレミアム”ともいうべきコンセプトのビールが新発売された。それがサントリービール株式会社(東京・港区)が3月17日に売りだした『~ザ・プレミアム・モルツ~マスターズ・ドリーム』である。

5

マスターズ・ドリームとは、すなわちビール職人たちの夢という意味。「醸造家の夢」という別名まで付いているこのビール。そのネーミングには、「まだ世界のどこにもない、心が震えるほどにうまいビールをつくりたい」という醸造家たちの想いが込められているという。

本当に、「心が震えるほど」旨いかどうか、さっそくためしてみた。

1

ボトルの首にかかっている小さな冊子を開くと、そこには、このビールのこだわりがたくさん書かれている。このなで肩の小さなビンは、グラスに注ぐときに、丁寧に注ぎやすく、しかもきれいな泡と共に、香りが立ち上がるためのこだわりだとか。

CR5_1392

実際、このボトルを開け、グラスに注ぐと、一緒に試飲した人たちから、「いい香りがするねえ」という声があがった。

CR5_1401

さっそく飲んでみると…。「おっ、意外とすっきり軽い」。それが記者の第一印象だ。

メーカーの表現を借りると、この『マスターズ・ドリーム』の味わいは、「『深いコク』『柔らかな苦味』『ほのかな甘味』『心地よい香り』が折り重なる“多重奏で、濃密。”な味わい」ということなのだそうだが、確かに濃密で香り高く、ほのかに甘く、コクもあるが、そうした味のビールにしては、「意外と飲みやすいすっきり感がある」というのが記者の感想である。

2

とはいえ、この「すっきり感」というのは悪い意味ではなく、褒め言葉である。濃密過ぎるビールは、飲みにくいと感じる人も多く、万人ウケしないこともあるが、この『マスターズ・ドリーム』は、そのあたりのさじ加減が絶妙である。これなら、濃密でしっかり美味しく、しかも誰にでも飲みやすい味わいを両立させている。

3

その味の秘密は、サントリー独自の製法にあるらしいが、その詳しいことは、ここではあえて触れない。

ただ味に関して、もう一つ感じることは、欧州産のアロマホップを100%使用したという部分。アロマホップを贅沢に使用することは、昨今、それほど珍しくはないが、おそらく現代人の飲料の味と香りの嗜好性と合っているのではないだろうか。記者も、ややミーハーなものを感じつつ、やはり旨いと思ってしまうのだ。

CR5_1398

このサントリー『~ザ・プレミアム・モルツ~マスターズ・ドリーム』は、全国のコンビニエンスストアと飲食店だけの販売で、305mlビン入りが、実勢価格税別295円。通常のプレミアムより2割ほど高めの販売価格となっている。またそのほかに、10lの樽入りのラインナップもある。

CR5_1407

さて、肝心の結論。「このビールは、心が震えるほど旨いかどうか」であるが、ぜひご自分の舌でためしてみて欲しい。記者は個人的には、「たいへん美味しかったし、また飲みたい」と思った。「心が震える」とか「醸造家の夢」という印象的なキャッチコピーは、さすがにマーケティング上手なサントリーという感じに溢れているが、でも、あながち大げさではないと思えるほどの味わいだったと思う。

オススメ度:(買っても損はない)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック