『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』はビールの歴史を変えた「スーパードライ」の衣替え限定Ver.

本がバブル景気に踊っていた時代に登場し、当時の「この味が、ビールの流れを変えた。」のキャッチコピー通りビールの存在理由そのものを変化させてしまったアサヒの「スーパードライ」。その春限定の特装バージョンが『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』(350ml/500ml・オープン価格・2015年2月24日発売)。購入時にはご注意頂きたいが、中身は通常品と同じである。

 

今では「ドライビール」というのは当たり前の単語になってしまったが、「ビール=ドライ」の公式を世の中に提示したのはアサヒ。1980年代アサヒビールは低迷、キリンとサッポロが日本のビールとしてほぼ市場を独占している状態だった(サントリーはビールメーカーとしては「MALTS」発売までは認知度が低かった)。

IMG_8317

ドライ以前のビールのイメージは「苦いもの」であり、甘みとともに濃い方が本格派であるというビールの本場ドイツの伝統を受け継いだものだった。確かに酒としてビールの味そのものを味わうには適していたが、食中酒としてはメニューを選ぶものであり、日本の食文化に必ずしも100%マッチしていなかったという現実があった。

しかし時はバブル景気の真っ只中。たくさんの飲食店が街に軒を連ね、いわゆる”飲み会”が頻繁に行われるようになった時代である。連夜のように繁華街に繰り出して、様々なジャンルの料理店で酒杯を交わす機会も今とは比べようもないほど多かった。

IMG_8352

そうした食生活を含むライフスタイルの変化を元に、コク・キレ・辛口に重点を置いて開発されたのが「スーパードライ」。ただ登場初期の1987年、ビール愛好家には「味が薄い」「こんなのビールじゃない」と総スカンを食らうほど嫌われたのも事実。つまりそれまでのビールの印象とは明らかに異質なものとして登場したのである。

しかしそんなビール通の思惑とは裏腹に大ヒットしたのも事実。それ以前にライトな飲み口のバドワイザー、ハイネケン、コロナなどの苦味控えめの輸入ビールが一部で受け入れられていた背景もありつつ、苦味と甘さを控えてアルコール度数を高めたキレ重視の「スーパードライ」は何よりもビール臭くないことによってビール嫌いの人々も取り込みつつ、ほとんどあらゆる種類のジャンルの料理に合う食中酒として一気に普及したのである。

IMG_8355

消費者の思惑ももちろん大きかったが、そこにプラスされたのは飲食店の思惑。つまりドライでキレの鋭い「スーパードライ」は料理ジャンルを選ばない。その上あらゆるメニューを後味の爽快さから(脂っこい揚げ物から生臭い魚料理まで)美味しく変身させてしまうものだったから、まさに魔法のビールとして飲食店そのものにも喜ばれたのだ。そこで食べる料理を選ばない究極の食中酒として「スーパードライ」はあらゆるジャンルの料理店に導入されていく。

当時のCMキャラクターもそうした世界を股にかける国際ジャーナリスト・落合信彦であったのも象徴的である。

その後も「ドライビール・ブームは一過性のもの」という論調でメディアには叩かれがちだったが、結局のところ他のメーカーも参戦せざるを得なくなり、ドライビール戦争と呼ばれるほど熾烈なメーカーの闘いを経て、ドライなビールはすっかり市民権を得てしまった。
その後バブルが崩壊してもなお、ドライビール市場は消えてなくなることはなく、1996年にはビール市場全体のトップシェアの座をキリンラガービールから奪い取ってしまうほど定着した。そして未だにドライビール市場は変わらず定着している。

何より驚くのは、28年経った今でも、その「スーパードライ」の味もルックスもマイナーチェンジこそあるもののほとんど変わっていないことである。ただ味の面では2013年と2014年に技術的な進化でキレの良さを高める工夫はなされている。

そして今回の『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』の登場である。桜が咲き乱れるピンク色のパッケージが目にも鮮やか。30年近い歴史をくぐり抜けてきたドライビールの本家の味わいを今一度味わうのはやはり楽しい。

IMG_8363

続々と新製品が投入されるビール系飲料の世界だが、このコクとキレと辛口の「スーパードライ」はやはり金字塔。いろいろなドライタイプの発泡酒や新ジャンルも開発され、さまざまな驚きを与えてくれるけれどもこの味がやはり、今のビール系飲料の全ての判断基準になっていると思う。

泡立ちもコポコポ音もビールそのもの。さわやかな香りと粒立ちの良い泡も素敵だが、やはり極めつけは味。酸味のない透き通るような味わいがノドを通り抜けていくこの感触はやはりドライビールの決定版であり定番であることは間違いない。

IMG_8358

なので定期的にここに立ち戻り、今一度ビールの美味しさを再確認してみるのも良いのではないだろうか。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック