『日清カップヌードルリゾット チリトマト』は生米から作ったリゾットを思わせる即席イタリアンの完成形だ!

ラマが人気が出ると、その脇役を主人公としたドラマが作られたりする。それがスピンオフ。そして定番のカップヌードルからUFO、どん兵衛、チキンラーメン、出前一丁などの日清の人気インスタントめんブランドのスピンオフ商品ともいうべきなのが、めんをご飯に変えた「日清のごはんシリーズ」。今回はそんな中で和洋折衷の不思議な味わいで人気の「カップヌードル チリトマトヌードル」が、『日清カップヌードルリゾット チリトマト』(86gうちライス69g・希望小売価格 税抜220円・2015年3月2日発売)となってリリースされた。

CR5_0937

事前に告白しておくと記者はこのシリーズ、かなり好きである。平たい不思議な食感の米で再現される人気カップ麺の味わいというひねりは、大方のカップ麺ファンが趣向を変えて味わいたくなる代物であることは間違いない。

さて今回はチリトマト。もちろん原作(?)も大好きなので期待が高まる。そして「日清のごはんシリーズ」であるけれど今回はリゾット。UFOがそばめしでどん兵衛が釜めしで出前一丁がチャーハンと来ての「リゾット」表記である。

イタリアンをラーメン感覚に生まれ変わらせたチリトマトヌードル。それが日清のごはんシリーズでリゾットになるとは……。何か一周まわって元に戻るような先祖返り的商品ではないだろうか。

CR5_0938

調理方法はレンジのみというシンプルさ。500Wで約5分、600Wで約4分半。フタをめくるとチリの赤みが印象的な中身。あえて弱点というなら、このシリーズ、どうしても作る過程が美味しそうじゃないというところがある。米も生米ルックスなので…。

CR5_0947

それに何しろカップに水を注いでかき混ぜるのだ。冷えたままのご飯を水に浸したその見た目はぶっちゃけ食欲をそそるようなものではない。よくかき混ぜるように指示があるのだけれど、この過程だけはいつも何となくテンションが下がる。

CR5_0943

そしてはがしたフタをソーッと乗せて、レンジにイン。約5分間待機。そのうちトマトソースの良い香りがしてきて、やっと食欲にスイッチを入れてくれる。開けると激アツになった本体。ここがいつも要注意なのだけれど、フタも本体も死ぬほど熱いので覚悟して慎重に取り扱うように。

CR5_0957

 

CR5_0960

激アツの湯気が襲いかかってこないように将棋崩しのコマを抜くようにソーッと撤去。そして本体は上部のプラスチック部分を持ってソーッとテーブルへ。気をつける敵は湯気。ゆめゆめ油断をしないように。

そして食前のかき回しの儀式。またしてもぐるぐるとかき混ぜる。今度は心地いいチリとトマトの香りがするので、これは楽しい。具材のキャベツ、鶏肉、コーン、トマト、インゲンもひょいっと顔を出して食欲をそそる。

CR5_0964

そしてスプーンでアツアツのところをはふはふとひと口。何だろう、フワリとした幸せなトマトの旨味と酸味のハーモニー、そこにピリッとした辛さが効いていて実に美味しい。チリトマトの良きところをしっかりと継承して、それでいてイタリアンのリゾットの雰囲気も同時に醸し出している。

確かに米なんだけどアルデンテの味わい。普通の米よりも平たい独特の米が、きちんと生米から作ったイタリア料理のリゾットの味わいを見事に再現しているのだ。登場時はキワモノ扱いもされた原作と違ってけっこう王道な美味しさがここにはある。

CR5_0972

ということで冷めないうちにあっという間に完食。ピリリという辛さが舌に残ってしばしうっとり。これはチリトマトヌードル・ファンはもちろんだが、イタリアン好きの人々にも味わってもらいたいインスタント・イタリアンの一つの完成形ではないかと真剣に思った。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:日清カップヌードルリゾット チリトマト

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック