『サッポロ一番大人のみそラーメン薫る焦がしガーリック タテビッグ』まさにオトナ向けで満足度高し!

ンヨー食品株式会社(東京都港区)の人気シリーズ「サッポロ一番」から脱ファミリーな味わいの『サッポロ一番大人のみそラーメン薫る焦がしガーリック タテビッグ』(100gうち麺72g・希望小売価格 税抜215円・2015年2月/コンビニ限定発売)が出た。

IMG_7112

どうしても「サッポロ一番」ブランドというとCFの影響もあるせいか、ファミリー向けの平和な美味しさを連想してしまうけれど、今回の『サッポロ一番大人のみそラーメン薫る焦がしガーリック タテビッグ』はだいぶ違う。どれくらい違うかというとシルエットがタテ型になって、イメージカラーのオレンジはあるものの全体のパッケージをブラックで仕上げたくらい違う。

IMG_7106

本来「サッポロ一番」の袋めんの「みそラーメン」もそうだけれど、クセのない食べやすい絶妙なみそ味が特徴。ただその一方でみそラーメンの本格ファンからは「ちょっと手ぬるい」と感じられてしまいがちなことも確かだ。これまでも平型カップめん「サッポロ一番 みそラーメン 辛口ラー油仕上げ どんぶり」などでアグレッシブな動きを垣間見せていたものの、やはり印象としてはどうしてもまだピースフル。

IMG_7115

そんな中でリリースされた『サッポロ一番大人のみそラーメン薫る焦がしガーリック タテビッグ』だが、その本気度はまず、フタをあけてお湯を注ぐときに、一面に敷き詰められた薄白色のもやしで気づき、必要湯量の400mlを注ぎきる頃にはその強力なみその香りで実感される。

IMG_7121

ただ単にみそというには複雑な赤だしみそをベースとした複合合わせ技のみその香りは、ベースのポーク風味と合わさってかなり濃い印象。調理3分の油揚げめん、そこに加わるかやくは焼ポークダイス、もやし、ねぎ、赤唐辛子の4種類。これに後入れの「仕上げの小袋」を入れることによって一気にガーリック感が高まり、食欲のスロットルを全開にさせる。隠し味として感じる苦味もまた良い方向にしかアクセルを踏まない。

IMG_7126

スープはもう分厚い合わせみその重厚なコーラス。その和音は赤唐辛子の辛みも加わって圧がすごい。ドロリと波打って口中に入ってくるが、これがまた焦がしニンニクと相まってたまらなく美味い。

IMG_7144

めんの方に言ってみるとたたまれた一般的な油揚げめんなのだが、つるつる度が非常に高い。スープの油度が高いので余計につるつるとして感じる。大人のみそ味をここまで実現しているのだから、ここはもう少しザラッとしていても良いのではないかと、唯一疑問符がついた部分だ。焦がしニンニクで濃厚みそと来たら、もう少し引っかかりのあるめんでも良かった気もする。そうしたらもっとガツガツとした雰囲気が出たのではないか。あ、それだと大人的ではないか…。

IMG_7130

とはいえ、あっという間に完食してしまった。ポークダイスもとても香ばしくて美味しいし、もやしの微妙な食感も楽しかった。確かに大人向けカップ麺としての完成度は高い。

IMG_7142

とくに少し冷めてきたスープはグビリグビリと飲んでしまいたくなるのどごし。

IMG_7114

大人としては塩分に気をつけたいところだけれど、正直止まらなくなる後を引くうまさ。一度実食して堪能してもらいたい。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:サッポロ一番大人のみそラーメン薫る焦がしガーリック タテビッグ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック