大人のための『贅沢いちごのアポロ』発売!とろ~り蜜は、思わず声が出るほど甘酸っぱい!

級志向のチョコレート菓子が多数登場する中で、あの大人気シリーズからもプレミアムな新商品が登場。明治『贅沢いちごのアポロ』は、かつてアポロチョコレートを子供時代に食べていた大人のみなさんに向けた最新作。

 

ご存じ「アポロ」は、1969年8月に発売された三角型のチョコレートで、上部がストロベリーチョコレート、下部がミルクチョコレートの2層になっている。昨年、発売から45周年を迎えたロングセラー商品だが、食べたことがない人はおそらくいないのではないだろうか? この基本設計は45年間変わっておらず、現代の子供たちにとっても親しみのあるお菓子である。

贅沢いちごのアポロIMG_6353

当サイトでも「アポロ フィールミント仕立て」「いちごが濃いアポロ」などいくつかシリーズ商品をご紹介したが、新商品の『贅沢いちごのアポロ』は、発売当時に子供だった40代50代に向けた大人のためのプレミアムなチョコレート。大粒のアポロの中に、とろとろの「密いちご」が入っていることが特徴! パッケージは高級感あふれるボックスタイプで、商品写真と共に生のいちごの写真が。いちごの味の濃さがアピールされている。真紅のグラデーションも美しい。

贅沢いちごのアポロIMG_6359

さっそく箱を開けてみると、なんと中身は8個入り。プチ贅沢、というか、ネーミング通り「贅沢」なアポロだ! キラキラの包み紙は、贈り物のような上質な雰囲気も醸し出している。

贅沢いちごのアポロIMG_6364

個包装を開けると、通常のアポロの3倍はあるビッグアポロが登場。いちごチョコレートの色が薄ピンクではなく紅色に近い濃さ! じっくり見ると、細かい粒がたくさんつまっていてまるでフレッシュジュースやアイスのよう。いちごが凝縮されている! 下層のチョコレートも、いつものミルクチョコレートより少し濃いブラウン。甘さ控えめのビターチョコレートというから、いちごの酸味と合いそう。

贅沢いちごのアポロIMG_6372

さっそく1つ食べてみよう! 2cm少し高さのあるビッグアポロはちょうど一口に収まるサイズ。噛むと、中からとろっとした密いちどが出てきて、思わず「すっぱ!!!」と声が出てしまうほどの甘酸っぱさ! 外側のいちごチョコレートとミルクチョコレートがかすんでしまうほど、いちごの風味が濃厚で美味しい! 実はこの密いちごは、通常のアポロの5.6倍のいちご(生換算比)を使用したスペシャルな濃さ。ただ懐かしいと思わせるだけでなく、大人が今食べて本当においしいと思える上質に仕上がっているところがすごい。大満足のこの密いちごだが、実は食べていて弱点も実感。常温の方がとろとろ感が味わえるが、室温が15度を下回ったあたりから密が固まってしまう。スーパーの配置によっては、すでに密が固めになっていることもあるので、食べごろは自分で見極める必要がある。

贅沢いちごのアポロIMG_6367

『贅沢いちごのアポロ』は2月上旬より全国のスーパーやコンビニ、各種量販店で幅広く発売中。参考小売価格は178円(税込192円)。プチ贅沢チョコの価格帯は250円~400円前後が多くみられるので、わりとお得なお値段設定。カロリーは8個236kcal(1個あたり約30kcal)。なかなかハイカロリーだが、これは一度試す価値あり! なくなり次第終了だから、今すぐチェックしよう。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック