セブンアンドアイ限定!『ばかうけ ちょこまみれスイート』は黒光りするほどチョコまみれ!超濃厚!

はチョコレート菓子が盛り上がるシーズンだが、とうとうあの「ばかうけ」までがチョコレートでコーティングされた! 株式会社栗山米菓の『ばかうけ ちょこまみれスイート』は、全国のセブンアンドアイ系列店舗限定、そして数量限定の新作。パッケージの写真と中身が、良い意味で期待を裏切る仕上がりになっていた。

 

「ばかうけ」は新潟県に本社を置く株式会社栗山米菓の大ヒットお菓子。発売25周年を迎えた、ロングセラー商品だ。「ばかうけ」のネーミングは、新潟県の方言である「ばか」=「とても、すごく」という意味で、ものすごくヒットして欲しいという願いを込めて名付けられたそうだ。実際、言葉通りに大ヒットをとばし、地域限定風味や期間限定風味も合わせるとこれまで100種類近く展開しているというから驚き。また、2015年2月現在、本社のお隣には「ばかうけファクトリー」という新工場も建設中というからその勢いはまだまだ右肩上がり。

ばかうけチョコIMG_6070

さて、今回の新風味は『ばかうけ ちょこまみれスイート』という全力でチョコレートな商品。成分を見てみると、基本的にはノーマルのばかうけ(青のり味)と変わらず、うるち米(米国産・国産)を原料として香ばしく焼き上げたおせんべいがベースとなっている。それをココアバター、ココアパウダー、カカオマス、砂糖などで仕上げたチョコレートでコーティング。和と洋のコラボレーションに、わくわくドキドキ!

ばかうけチョコIMG_6074

ばかうけシリーズにしてはかなり上品で女子向けのパッケージを開けると、中にはビニールの袋が1つ。この袋も開けると、『ばかうけ ちょこまみれスイート』が登場! パッケージの写真よりも断然、黒く輝く姿にびっくり。カカオマスの色がものすごく濃く、一見、黒ゴマ味と間違えるほど黒い。これは味がビターなのだろうか? いやいや、ネーミングはスイートとなっている。謎が深まる。

ばかうけチョコIMG_6077

数えてみると、1箱あたり10個入り。プチ贅沢なばかうけだった。表面のチョコレートは厚みが均一ではなく、どろっと液体でコーティングされて、それが固まったのだとイメージできる躍動感。指でつまんでみると、意外なことにさらっとしていて指にチョコはくっつかない。さらさらしていて、これはうれしい。

ばかうけチョコIMG_6081

さっそく1ついただきます! 口に入れ、噛んでみるとバリッと良い音がする。たっぷりチョコにまみれているのに、サクサクの食感は健在! 見た目の色とは反対に、チョコの甘さが濃厚! 噛めば噛むほど、チョコの味で口の中がいっぱいになる。最初の1枚はお米の味と香ばしさを感じられるものの、もう3枚めになるとほぼチョコの味で口の中が占領され、お米の味はまったくわからない。それくらいチョコまみれで、無性にのどが渇く。

ばかうけチョコIMG_6085

あえていうなら、おせんべい特有の塩と油のマッチングが感じられないので、もう少し塩気があればなぁと思う。「濃厚なチョコが食べたい!」というときには、かなりオススメ。カカオの味も、甘さも、すべてにおいて存在感があるので、チョコ好きにはぜひ試してもらいたい。

『ばかうけ ちょこまみれスイート』は、1箱あたり239円(税込258円)。全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブンアンドアイグループのお店のオリジナル商品。なくなり次第終了なので、今すぐチェックを。

オススメ度:(ピンときたら、どうぞ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック