全身を包み込まれる幸せ…『人型寝袋フリース』は極寒対策と暖房費削減に大いに役立つネオ廃人製造機だ!

ット上ではもっぱら”廃人製造機”と話題になり大ヒットした”着る毛布”。その進化系ともいうべきすっぽりと全身を包む着ぐるみタイプの『人型寝袋フリース』(サイズ:KIDS〜XL・材質:ポリエステル・Amazonでの実勢価格 5,739円・発売中)が発売された。

 

もともとは毛布自体を着てしまい、ほとんど部屋では同じスタイルで過ごせ、そのまま眠ってしまえるところから着替え不要=廃人製造機との称号を得た”着る毛布”。とはいえ上半身はいいものの、毛布だけあって隙間ができてしまい足元は寒いということで進化したのが、この『人型寝袋フリース』。

実はこれ、先代があって人気を得たものの数々のツッコミどころがあり、さらに改良を施されて発売されたいわばリベンジ的機能変更を行ったニュータイプの人型寝袋である。

CR4_9875

ネタか、そうでないかは微妙なところ。発売元のビーズ株式会社(大阪府東大阪市)は、ダンボール製で猫が遊びたくなる組み立て組み合わせ自在のキャットハウス「猫の秘密基地」など、実用とネタの境目を行く商品を数々販売しているところだし。

確かに手足まですっぽりとくるんでしまうことができれば、防寒対策は完璧。それもフリース素材となれば天下無敵と言っても良いはず。
ただ普通の大人だとこっ恥ずかしいヒーロータイプ(どちらかと言うと悪役戦闘員な気もするが…)のデザインは、室内着用でないともちろん厳しい。

実際に着用してみよう。
着用は前面の頭から左足の膝に至るまで大きく開閉するジッパーを開いて行う。着脱自体はサイズがゆったりのものだったら楽ちんである。もちろんフリースなので吸湿素材ではないから、下に綿製の下着を着用しておいたほうが良いだろう。

IMG_9757

もう着用している間に足元からあたたかさが忍び寄る。さすがフリース。
問題となるのは手足の部分。ホック留めされた手袋部分を先に装着してしまうとホックだのファスナーだのの取り扱いが難しくなるので最後にするべき。

IMG_9763

足の部分も覆われているので、ほんとに寒い時は完璧かもしれない。このままベランダくらいなら出ても全然寒くない。手袋もかなり温かいので、手足の保温というのがどれだけ大切かということを思い知った。
そして何より全身を包まれているという安心感。母親の胎内にいるような独特の安心感があるのがなんとも素晴らしい。

IMG_9766

手袋部分は不要時に袖の部分にホック留めできるのでじゃまにならないし、足の部分も開閉でき、足だけはスリッパを履いて、ということもできる。冬の本気で寒い時期でも、これはかなり安心度が高い。そして何より暖房費の節約になることは確実だ。

IMG_9770

そして「着たままトイレシステム2.0」として、後ろの臀部側にはジッパーが付いておりきっちり用を足せる。基本的に入浴時以外はこれで事が足りるという寸法。確かにこのまま眠ってしまっても風邪を引くことはないだろうから、まさに廃人製造機の面目躍如である。

CR4_9881

IMG_9787

ただこれを着ている人間と着ていない人間の温度差が極端に変わるので、購入時は同居人家族のぶんまで揃えないといけないのではないか。

また頭部に関しては半分ネタという要素ゆえか、無理のある部分も。というのも前開きジッパーはダブルジッパーにはなっているのだけれど、頭の天辺まで締めてしまうとあきらかに息苦しい。目の穴が空いているのに口元に穴がないのはどういうことか。さらにその目の部分もゴーグル状に覆うことはできるが、アイマスクとして使用する以外の使用法はないだろう。そしてジッパーを上まで引き上げて眠るのは息苦しさも相まって身の危険を感じてしまい、現実的ではない。

parts_04

顔の部分は素直にジッパーを呼吸がしやすい程度には開け無くてはならない。ただ、フード部分をかぶっているだけでも、雪山でもない限りじゅうぶん暖かいと思う。

いちばん驚いたのは前モデルでかなりの不評を得ていた静電気の問題が解決されているところ。これは正しい進化といえるだろう。もちろん単なるフリース素材なので、

全体としてこれで6000円弱と考えれば、決して高い買い物ではないと思う。フリース衣服としては高いかもしれないけれど、確かに一人暮らしなどで暖房費をガタンと下げたいとなれば、これは買いである。

IMG_9785 IMG_9788

もちろん気をつけなくてはならないのは、火気。フリース素材ゆえ、喫煙者は避けたほうが無難だろう。またくれぐれもこれを着てガス台などを使用した調理は絶対に避けたほうがいい。

そうしたあれこれを含めても寒さに弱い人なら大いなる幸せを感じられると思う。

【スペック】

Mサイズの場合:総丈147cm、ウエスト110cm、太もも56cm、股下75cm
本体重量:1.0kg
生産国:中国
推奨身長:169cmまで
着用感:ゆったり(身長165cmまで 標準体型)、ちょうど(身長166〜169cm 標準体型)、タイト(身長166cm〜 太り気味)

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:人型寝袋フリース

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック