あの出前一丁が、インスタント・チャーハンになった! 『出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン』

清のごはんシリーズに「出前一丁」が仲間入り。『出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン』(内容量99g/希望小売価格220円税別)が2015年2月2日、日清食品株式会社から新たに登場。

IMG_4768

出前一丁は、オーソドックスな醤油味のスープと風味の良いごまラー油が特徴の、誰もが知る定番インスタントラーメン。昨年は出前一丁の味を再現したカップ焼きそば「焼出前一丁しょうゆ味」が期間限定で販売されたが、今回はレンジ調理するチャーハン。いったいどんな味になっているのだろうか。

IMG_4773

あの味が炊けました

日清のごはんシリーズは日清食品株式会社が手掛けた人気インスタントラーメン・カップ麺の味をお米で再現したもの。水を注ぎレンジで温めるだけの手軽さで販売開始から人気が出ている。同じくレンジで調理する「カレーメシ」シリーズも定着している。

IMG_4776

この『出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン』も、そんなごはんシリーズの一つ。「出前一家が営むラーメン屋「出前屋」を手伝う出前坊やのために、出前ママが「秘伝のごまラー油」を使ったチャーハンを作る」という設定の即席チャーハンだ。その設定の通り、特徴である秘伝のごまラー油も付属している。

IMG_4780

フタを開けると、フリーズドライの米、卵、ナルト、そして意外に大きなチャーシュー。

IMG_4806

カップの内側の線まで水を注ぎ、はがした蓋を載せてレンジで約5分間加熱。

IMG_4789

レンジから取り出すと芳ばしい醤油の香りが漂ってきて、食欲がそそられる!

IMG_4810

すぐに食べたい気持ちになるが、ここでグッと堪えて待つのがポイント。面倒でも1~2分蒸らし、またスプーンで全体をよくかき混ぜる。すると米がふっくらと仕上がり、固い芯が残ることもない。日清のカップライスシリーズに共通の作法なので、ぜひ覚えておいてほしい。

 

ごまラー油をかけると味の変化が楽しい!

まずは秘伝のごまラー油をかけずに一口。全体に味が染み渡っており、醤油とポークエキスの旨味が感じられる! もちっとした食感も悪くない。

IMG_4814

ここで秘伝のごまラー油をかけてみる。醤油とごまラー油の香りがまざって更に食欲が刺激される香りに。

IMG_4816

もちろん味も劇的に変わった。ごまラー油の風味が混ざり、ポークエキスの旨味を引き立ててくれる。醤油の芳ばしさとも相まってどんどん食が進む。ラー油だが辛味はそれほど感じない。辛いものが苦手な人でも大丈夫だろう。

 

結論、かなりウマい。

一般的にチャーハンといえばパラパラの仕上がりが至上とされ、カップライス特有のもちっとした食感でチャーハンを再現できるのか懐疑的な気持ちがあったのだが、それは杞憂に終わった。チャーハンぽい味わいがきちんと再現されており、何より普通にウマいのである。インスタント食品であることを忘れて、軽食として満足できる一杯だ。

カレーメシ」シリーズは延々同じ味が続くのに少々飽きてしまう記者だが、こちらは大きめのチャーシューとごまラー油で変化をつけられるのも嬉しい。

IMG_4771

ボリュームはおにぎりで二つ分、382kcal。女性ならこれ一杯でかなり満足できるはず。

IMG_4782

袋めん同様、ロングセラー化を期待したい、よくできたアイテムである! オススメだ。

[rakuten]pocket-cvs:10147108[/rakuten]

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック