『改源滋養液L』は、なんと1本8kcal!フルーティーでほんのり甘い、かぜ薬とも一緒に飲める栄養ドリンク!

体がつらい、でも仕事や育児、家事は休めない。そんな女性のために登場した栄養補給ドリンク剤がカイゲンファーマ株式会社『改源滋養液L』だ。栄養ドリンクといえば多くの製品が赤や黒、ゴールドなど力強い印象のパッケージだが、こちらはピンクの癒し系。見た目はかわいいが、中身はすごい! 

 

この『改源L』は、その名前から察しがつくように、風神さんのキャラクターで有名な「改源」から発売された栄養ドリンク。身体がだるい、熱っぽい、食欲がないなどといったかぜの諸症状が出始めたときに飲むことを目的とした栄養補給・滋養強壮ドリンク剤だ。セブン‐イレブンで先行販売されている。

改源L_IMG_2963

そもそも「改源」は、大正13年(1924年)のカイゲン創業以来90年もの間、ずっと暮らしを支え続けているかぜ薬。「何となく身体に良さそう」というイメージをお持ちの方も多いのではないだろうか? まさに良薬は口に苦し、といった改源独特の苦みも印象的だ。「改源」は、生薬と洋薬を配合したもので、生薬はカラダが持っている回復力を引き出す働きを持つ天然由来の成分、洋薬とはのどの痛みや頭痛などのかぜの症状に効く成分。この2つを効果的に混ぜ合わせることで、身体機能の回復をはかる。特にこの「生薬」は、植物や動物、鉱物などの天然由来の薬物だから弱った身体に優しい。中国大陸では約2000年も前からこの生薬がつくられてきた。ちなみに、この生薬をブレンドしたものを「漢方薬」と呼び、東洋医学の中心的存在だ。

改源L_IMG_2981

新発売の『改源滋養液L』には、5つの生薬が配合されている。水分バランスを整えて新陳代謝を高める「ヨクイニン」、疲労回復・血行促進の効果がある「ニンジン」と「トウキ」、そして弱った胃腸を整えて栄養吸収を助ける「ケイヒ」と「シャクヤク」。この5つの生薬が、もともと人の身体に備わっている回復力を引き出してくれるという。さらには、3つのビタミンも配合! 発育のビタミンと呼ばれる細胞再生の「ビタミンB2」、筋肉や血液・粘膜の生産を助ける「ビタミンB6」、強い抗酸化作用を持ち血行促進も期待できる「ビタミンE」というラインナップだ。その上、栄養ドリンクでおなじみの「タウリン」も配合! 肝機能を高め、血行を良くし、身体機能の回復へとつなげてくれる成分だ。

改源L_IMG_3002

ここまで、いかにも身体に良さそうな生薬やビタミンの話をしてきたが、『改源滋養液L』の嬉しいところはそれだけではない。ノンカフェインだから夜寝る前でも気がねせずに飲めるし、妊娠中・授乳中の方も飲めるというからかなり貴重だ。また、栄養補助ドリンクとは思えないほどの低カロリーさ。1本8kcalは、キャンディ1個分よりも低カロリーだから驚き!

改源L_IMG_2976

カイゲンファーマ株式会社によると、かぜ用ドリンクで初のカロリーオフタイプという。ほとんどの栄養補助ドリンクはカロリーが高く、その原因は糖分。知らず知らずの間にカロリーオーバーしてしまうこともあるので、これは嬉しい!

改源L_IMG_2987

身体に優しくて、カロリーも低いのはわかった。ではお味はどうか? 改源の粉末のような苦みがあるのではないか? 正直なところ、苦くておいしくないドリンクならば避けたいのが女子の心。味も、成分と同じくらい大事なのだ。キャップをとって、においを確かめてみる。この時点では、まったくあの改源のにおいはしない! でも、いかにも栄養ドリンクというにおいもしない。なんだか、酸味のある果実のような香りがする。

改源L_IMG_2994

ひとくち飲んでみると、苦みや酸味はまったくない! ほんのり甘く、カシス風のすっきりした風味を感じた。パッケージには「フルーティな香り」としか書かれていなかったが、甘すぎず、苦くなく、とても飲みやすい! ジュースとまではいかないものの、クセがなく体調が悪いときでも無理なく飲める味だ。かぜ薬とも一緒に飲めるというところも安心。

改源L_IMG_2975

カイゲンファーマ株式会社『改源滋養液L』は、1本あたり322円(税込348円)。全国のセブン‐イレブンで販売中。箱のサイズ横38mm×奥行38mm×高さ131mmとポーチにも入るくらいの大きさなので、持ち歩きもしやすい。女性はもちろん、男性も服用OK。今年もインフルエンザが猛威をふるう中、ちょっと疲れたなと思った時点で早めの対策を。

 

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック