上質な辛さ『北海道 上辛ポテト<塩わさび味>』が復活! 新鮮なわさびの香りと甘味がする!

テトチップス界にもプレミアムブームが吹き荒れる! 明治『北海道 上辛ポテト<塩わさび味>』は、毎年突然帰ってくる人気ポテトチップスで、今年も1月28日から全国のスーパーやコンビニの店頭に並ぶ。

 

わさび風味のポテトチップスは、当サイトでも過去に「堅あげポテトわさび味」「チップスター信州わさび味」などをご紹介した。わさびは基本的に一年を通して収穫できるので旬という旬はないが、辛味が増すのは冬。すりおろしたときにツンと鼻に抜ける刺激がたまらない。

上辛塩わさび味IMG_2811

私達が普段イメージしているわさびは「根っこ」の部分であり、『北海道 上辛ポテト<塩わさび味>』にはわさびの「葉」の部分を乾燥させてパウダー状にして使用している。わさびの葉や茎は、根っこほどではないが爽やかで上品な辛味がある。その「わさび葉パウダー」とチキンパウダーを、北海道産のじゃがいもを100%使ったポテトチップスに混ぜ、辛うまい味わいに仕上げているのが『北海道 上辛ポテト<塩わさび味>』だ。

上辛塩わさび味IMG_2841

さっそく袋を開けてみるが、この時点ではわさびのツンとくる香りはまったくない。「あれ?」と拍子抜けしてしまうが、味はどうなのだろうか?

上辛塩わさび味IMG_2845

チップスの表面をじっくり見ると、ギザギザの隙間にわさび葉パウダーのつぶつぶを発見! チップス自体はこんがりキツネ色で、わさびが練りこまれた緑色のチップスではない。ひとつひとつが小さいのもこの「上辛」シリーズのポイントで、一般的なポテトチップスよりも3/4インチにカットされている。これは2012年の発売当初からのサイズ感で、食べやすさに配慮した大きさなのだ。

上辛塩わさび味IMG_2847

それでは1枚いただきます。ばりっと噛んでみると、最初はわさびの爽やかな風味が甘みと共に感じられた。ざくざくとした食べ応えある食感を楽しんでいると、後からわさびのピリ辛がやってくる! 辛さをウリにしたスナック菓子の中でそれほど辛くないが、新鮮な生わさびを食べたときのように上品な香りと刺激が味わえる。まさしく上質な辛さ。パッケージに書かれている「辛いはしあわせ」という言葉の意味を実感。あくまで、辛さと美味さを楽しめるくらいの大人のおやつなのだ。また、ポテトチップスを食べると必ずボロボロ食べこぼしが出て気になっていたのだが、このサイズはかなり絶妙で、女性でも口にしっかり収まるサイズだからほとんどこぼれない。これは嬉しい。

上辛塩わさび味IMG_2854

1月28日に同時発売されている「北海道 上辛<ゆず胡椒味>」にも期待が高まる! 『北海道 上辛<塩わさび味>』は参考小売価格150円前後。1袋68gで388kcal。今年もやっぱり期間限定での発売なので、お近くのスーパーやコンビニで見つけたら、食べ比べてみてほしい。

オススメ度:(面白い)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック