『白いダース<ガナッシュ>』は冬季限定のお楽しみ! とろとろチョコが上品な大人のダース。

レンタインDAYまであと1カ月というタイミングで、2種類の大人向け「DARS」が発売! 雪のゲレンデのような白いパッケージは『白いダース<ガナッシュ>』で、落ち着いた黒のパッケージは「ダース<ガナッシュ>」だ。

 

12月12日の「ダースの日」には、当サイトでもご紹介した2種類の「DARS ナッツ&フルーツ味」が発売されている。昨年は「ガナッシュ」と「ナッツ&フルーツ」それぞれ1種類づつの展開だったが、今年は2種類づつ計4種類の展開というわけだ。その人気の程が窺われる。

白いダースガナッシュIMG_1986

さて「ガナッシュ」である。ガナッシュとは、溶かしたチョコレートに生クリームや洋酒などを混ぜて作る、なめらかさが魅力のチョコレートクリームのこと。チョコに加える生クリームの量が、硬さや食感を変える。トリュフの真ん中がそうだったり、チョコレートケーキに塗られていたり、なにげに洋菓子によく使われている。本日ご紹介する『白いダース<ガナッシュ>』は、アルコール含有量は製品中0.75%。。舌で分かるか分からないかの際どい配合だが、お酒が体質的に苦手な方は事前にチェックしよう。黒い方の「ダース<ガナッシュ>」は製品中0.91%なので、こちらの方がお酒控えめである。

白いダースガナッシュIMG_2018

さっそく外箱をオープン! パカッと開くと、全12粒が並べられたおなじみの袋が登場。こちらもやっぱり真っ白。冬だけの特別なダースだけあって、上品な印象を受ける。袋から中身を出すと、なんとも美しいホワイトチョコレートの粒! 甘い香りが漂う。

白いダースガナッシュIMG_2033

見た目は普通のダースだが、味はどうなんだろう? さっそく食べようと重い1粒つまんだところ、指に触れた瞬間、体温でホワイトチョコが溶けた。すごくデリケートなようだ。口に入れると、これまでのダースにないなめらかさ! 生チョコレートとの中間といった柔らかさで、中からもトロトロのガナッシュクリームがでてきた! ホワイトチョコだけにかなり甘い。冷蔵庫で冷やしてみると、外側のチョコも少し硬くはなるが、やはり普通のダースよりも柔らかいのは変わらず。

白いダースガナッシュIMG_2030

洋酒は、言われてみれば入っているような・・・という程度で、味も香りもほとんどわからない。洋酒入りのチョコレートは、「メルティーキッスくちどけケーキ」などを過去に紹介させていただいたが、あちらはかなり洋酒入りであることがはっきりわかった。洋酒入りのチョコレートは苦手という方にもおすすめできるのは、こちらの『白いダース<ガナッシュ>』だと感じた。

白いダースガナッシュIMG_2041

白と黒の2種類のガナッシュを食べ比べた印象は、『白いダース<ガナッシュ>』の方が黒よりも甘い。冬の期間限定という印象も強く、おでかけにぴったりだ。
『白いダース<ガナッシュ>』は1月13日発売で、1箱あたり184円(税込)。全国のスーパーやコンビニなどで幅広く発売中!

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック