水切りヨーグルトを御存知? 水切りヨーグルト専用小型容器『ヨードリップ』を試してみた!

切りヨーグルトを御存知だろうか。ヨーグルトをコーヒーフィルター等で水切りするだけでクリームチーズのような濃厚さが楽しめたり、料理やお菓子作りのアレンジが出来るとして、静かなブームになっている。水切りする時の容器には、ざるやコーヒードリッパーを使う人が多いだろう。今回は「水切りヨーグルト」を作る専用容器、『ヨードリップ』を検証してみた。さて、専用品ならではの使いやすさは感じられるだろうか。

36-3
小型の水切りヨーグルト専用容器。フタ付きで底には穴が開いている。『ヨードリップ』をマグカップの上にのせ、コーヒーフィルターやキッチンペーパーをセット。ヨーグルトを入れて冷蔵庫で一晩置く、というのが公式の使用法である。
36-4

1度に水切りできる分量は約200g。ヨーグルトから出てくる水分はホエー(乳清)と呼ばれるもの。栄養満点なので、捨てずにドリンクや料理に活用しよう。

36-2
記者は、今まで水切りヨーグルトを作る時には、コーヒードリッパーで代用していた。ドリッパーの場合は径が広く、ヨーグルトを入れやすいが『ヨードリップ』は径が小さく、またフィルターが重なってしまう部分があるため入れにくさがあり、むしろ使いづらさを感じた。
また、これはコーヒードリッパーでも同様であるが、マグカップに乗せると高さが出てしまい、冷蔵庫に入れることが出来ない。
36-5

そのため、数時間水切りした後に、ココットに移し変えて一晩置いた。これで完成である。
36-6
実は、水切りヨーグルトは一晩かけなくても出来てしまう。今回、2~3時間水切りした後に冷蔵庫に入れたわけだが、この時点でほぼ水切りは完了していたと言っても良い。その後8時間ほど置いておいたが、出てきたホエー(乳清)はごくわずか。
36-7
とまあ、使い勝手においても、作り方の手順においても、それほど親切には感じなかったのが正直なところ。記者はコーヒードリッパーでも不自由はしておらず、いまひとつ専用品としての優位性を感じられなかったが、スッキリした見た目と、フタ付きであることは評価できる。

36-8
水切りをして出来上がった水切りヨーグルトは約90g。クリーミーで濃厚な仕上がりになる。後味はヨーグルトのさっぱりさがあり美味しい!
36-9
パンやサラダ、スィーツなど。水切りヨーグルトによる色々なアレンジを楽しんでみよう。

 

素材はポリプロピレン。耐冷・耐熱温度は-20℃~120℃。
販売価格は215円(税別)。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック