あのガラコのミニチュア版『iガラコ』は車用じゃない スマホのタッチパネルを皮脂から守るコーティング剤だ

ルマに乗る人なら、知っているだろう。そう「ガラコ」である。なんてったって「ガラコ」は、自動車用ガラスコーティング剤のトップシェアを誇る商品。しかし今日ご紹介するのは、その「ガラコ」ではなく、『iガラコ』

『iガラコ』は、「ガラコ」を発売するソフト99コーポレーション(大阪市)が共同開発したスマホなどのタッチパネル用のコーティング剤で、事務機器の老舗キングジム(東京・千代田区)から、11月21日より発売開始となる。

1

とにかく見た目は「ガラコ」そのものである。ただサイズがミニチュアでとても可愛らしい。ちょうど人の親指大の容器に入っている。

「ガラコ」と同じように、クルクルと回してキャップを外すと、中から鮮やかな青色のスポンジが出てくる。ここを押しつけて、スマホなどのタッチパネルに、コーティング剤を塗布するのである。

2

あまり液体を出し過ぎないようにしながら、スマホのタッチパネルに塗布。このとき、タッチパネルにプラスチックの保護フィルムなどが貼ってあると、コーティングの効果が無いので、あくまでもタッチパネルのガラスに直接塗布すること。

塗布したら、すぐにティッシュペーパーで液が見えなくなるまで拭き取り、さらに2時間以上乾燥させる。あとは、いつも通りにスマホを使うだけだ。

4

塗布したあとのタッチパネルに指で触ってみると、何より指紋が付きにくいことに気がつく。アプリを立ち上げたり、メールを書いたりしても、あまり指紋が付かない。しかもいつもより格段に指の滑りがいい。軽いタッチで操作が可能になる。

3

また、指紋が付いても、それを簡単に拭き取ることができる。白っぽくなってなかなか落ちにくい皮脂汚れも、コーティングしたタッチパネルなら、さっと一拭きで落ちるのだ。

これなら、使用したスマホをポケットに入れておけば、ポケットとの摩擦だけで、汚れが落ちてくれるかもしれない。

 

この『iガラコ』、1回の塗布で約1ヶ月間、効き目が持続し、このボトル1本で約20回分の使用が可能だとか。つまり、1本で約20ヶ月、クリアで快適なタッチパネルを維持できるということになる。

5

1本で1年8ヶ月間、快適にスマホのタッチパネルをコーティングできて、価格は税別1800円。1ヶ月あたり90円のコストで、この効果、悪くないんじゃないかな。

スマホの指紋や皮脂汚れが気になる方、この可愛い『iガラコ』を使ってみてはいかが?11月21日、全国発売開始である。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック