バスピロー『フアフロ』は、新パイプ素材が気持ちイイ!肩コリ・首コリの解消、美容のためのマストアイテム!

の女性たちを悩ませる肩こりや首こり、そして肌荒れ。これらを改善するには、お風呂でのリラックスが一番の近道! 萩原株式会社のバスピロー「フアフロ」の新シリーズ『フアフロ フローティングフラワー』は、超柔らかい新素材の弾力性が首と頭部を支え、湯船にのんびりつかってリフレッシュできる商品! 実際に使って、使用感を確かめてみた。

 

 

一般的なバスピローは、全体が低反発のスポンジやウレタン素材で成型されているか、細かいストロー素材を袋に詰めたものが多い。価格も安いし、頭の置き心地もそれなりに良い。だが、浴槽のヘリの幅とバスピローの幅が合わなかったり、ふわふわ感が持続しなかったり、お手入れが面倒だったりと、「何だかちょっとしっくりこない・・・」と思った人も多いのではないだろうか?
フアフロバスピローIMG_1790

この『フアフロ』シリーズには、柔らかさを追求した新素材「ソフティル」というパイプ素材を使用しているのが特徴。どれだけ気持ち良いのかそのふんわり感も気になるが、浴槽との相性やお手入れ面も気になるところだ。さっそくパッケージを手にとると、上品な半透明のボックスに惹かれた。一見、アロマテラピーグッズや化粧品などの美容アイテムっぽい印象で、シンプルな中に高級感がある。

フアフロバスピローIMG_1816

新登場の『フアフロ フローティングフラワー』シリーズは、フアフロベーシックとフアフロミニの2サイズを展開。フアフロベーシックは約横25cm、縦17cm、厚み8cmで、B5用紙とほぼ同じサイズ。フアフロミニは約横17cm、縦12cm、厚み6cmで、女性の手の平よりちょっと大きいくらい。それぞれ、カラーバリエーションは3種類あり、フェアリーピンク、オレンジディ、グリーンフィールのラインナップがある。

IフアフロバスピローMG_1796

箱を開けると、中身はバスピロー本体とカバーが1枚、それに吊り下げ用のループが1つ。カバーはどれも花柄で、大人の女性をイメージさせる落ち着いた上品さがある。カバーの素材はポリエステル79%:ボリウレタン21%。触れてみると水着の生地のよう。見るからに速乾性がありそうで、よく伸び縮みする。

フアフロバスピローIMG_1806

一方、バスピロー本体はというと、表面はつるつるしていてナイロン80%:ボリウレタン20%と水になじむ生地。触ってみると、細かいパイプ素材がいっぱい詰まっていて、その柔らかさにびっくり! これこそが新素材「ソフティル」だというが、ストロー素材や他のパイプ素材のように、硬いと感じることはまったくない! 指で押してみると、弾力はあるものの、軽い力でぐっと奥まで指が入る。パッケージには「マシュマロのような」と書かれているが、マシュマロの中に低反発素材が入っている印象で、柔らかさの中にも適度な堅さが残って心地よい。なるほど、これは期待が膨らむ。

フアフロバスピローIMG_1941

使い方はいたってシンプル。カバーをセッティングしたバスピローを、一度湯船にザブンと沈める。ある程度お湯を含ませることで、重さを持たせて安定感を出す。そして浴槽のヘリに置き、持たせかかればOK。

フアフロバスピローIMG_1948

バスピローを使わずに湯船につかると、頭の重さがダイレクトに首・肩に乗ってくるので完全にリラックスすることはできないが、『フアフロ』を使うと素材の柔らかさと適度な硬さが頭の重さを受け止めてくれるから、ゆっくりくつろぐことができる。これは……至福! 浴槽の形やヘリの幅に合わせて形も変えられるから、自分にフィットするように枕を動かせるのも良かった。

フアフロバスピローIMG_1922

普段から首コリに悩まされる身としては、かなり温浴がラクになり、コリ解消に近づけた気がする。また、これなら美容のためにホットマスクやパックものんびりできると感じた。お風呂はもちろん、就寝時の枕にも使いたいくらい気持ちが良かった!

フアフロバスピローIMG_1964

使った後は、浴室にパイプがある場合は付属のループを使って吊るすか、ベランダに干して乾かすのがベスト。ただし、カバーも本体も直射日光にはあまり強くないので、外に干す場合は水着などと同様に陰干しが安心。浴室に吊るす場合は、換気扇をつけっぱなしに。夜に使用したフアフロを吊るし、換気扇を8時間動かせて翌朝チェックしたら、カバーは乾くも本体はまだ完全には乾いていなかった。ただ、生乾きでも全然におわないし、不衛生な感じはなかった。

フアフロバスピローIMG_1959

入浴剤の色移りなどが気になる時はもちろん、お手入れは中性洗剤でささっと洗濯もできる。洗濯機や乾燥機はNG。とはいっても、入浴剤の色なら、すぐにシャワーで洗えば簡単に落とせたし、それほど汚れるものでもないのでお手入れはとても簡単。

フアフロバスピローIMG_1789

萩原株式会社『フアフロ フローティングフラワー』の入手先だが、フアフロ担当者に問い合わせさせていただいたところ、今後インターネットで先行発売を開始、それから各提携ショップの店頭に並ぶとのこと。お値段は、フアフロベーシック1セット3500円(税込3780円)、フアフロミニ1セット2500円(税込2700円)。

シンプルなドットデザインの「フアフロ」は既に発売中である。

自分用はもちろん、家族や友人へのプレゼントにもオススメ! これはバスピローの大本命として、プッシュさせて頂きたい。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック