『ショコラ・オランジュグミ』はとろけるチョコのグミに癒される! 全部食べても147kcalと意外に控えめ!

リジェンヌが愛する”コンフィズリー”(砂糖菓子)は、寒い冬にほっこりさせてくれる癒し系お菓子。カンロの『ショコラ・オランジュグミ』は、フランスの洋菓子店をイメージしたブランド「メゾン・ド・コンフィズリー」シリーズの最新作。シンプルでオシャレなパッケージに惹かれる。

ショコラオランジュグミIMG_1655

カンロのメゾン・ド・コンフィズリーシリーズは、2010年にスタート。これまでに、キャンディやグミ、キャラメルを様々な風味で28商品を展開。とろけるような上品な甘さで、女性に大人気のブランドだ。新作『ショコラ・オランジュグミ』は、チョコレート風味のグミをオレンジグミで包んだ2層のグミ。もともと「ショコラオランジュ」とは、チョコレートベースの何かに、オレンジピールを組み合わせたお菓子のことだというが、今回はチョコもグミ、オレンジピールもグミと、とことんグミが楽しめる一品だ。カンロは、ピュレグミやパリコレなど人気商品を生み出すグミ老舗だから、とても楽しみ!

ショコラオランジュグミIMG_1660

さっそく封を切ると、パッケージは便利なチャック付きで保存がきくタイプ。これなら学校でもオフィスでも、お散歩にもどこでも持っていける。中身は、三角形のひと口サイズが11粒。透き通ったブラウンのオレンジグミのまわりには砂糖がかけられていて、内部のチョコレートグミがやや透けて見える。

ショコラオランジュグミIMG_1665

1粒つまんでみると、砂糖の甘い香りがふんわり! オレンジの爽やかな香りもする。口に入れると、表面の砂糖と控えめなオレンジの酸味が混ざり合う。噛むと中のチョコレートグミはすごくとろとろ! 外側のオレンジグミと比べると明らかに柔らかく、ゼリーに近い。この食感はとっても癒し系!

ショコラオランジュグミIMG_1670

チョコの味は意外に濃くなく、甘いがあっさりしている。オレンジとチョコがそれぞれ2回に分けて楽しめるし、何といってもとろけるチョコの食感がおいしい。そういえば、今年は洋菓子店をはじめ、ミスドやハーゲンダッツの秋の新作もショコラオランジュ。これはブーム到来かもしれない! 『ショコラ・オランジュグミ』をいち早くチェックして、秋冬のお菓子を制覇しよう。

ショコラオランジュグミIMG_1658

『ショコラ・オランジュグミ』は、1袋100円(税込108円)とリーズナブル。全部食べても147calと、ついつい食べ過ぎてしまう秋冬の女性にとって嬉しいことづくしだ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック