ひもでお絵かき!『フィロタブレット』は新感覚のお絵かきボード

『フィロタブレット』は、紐のペンですらすら絵を描ける不思議なボード。イタリア玩具メーカーのおもちゃで、日本では株式会社ボーネルンドが輸入・販売をしている。

 

中に入っているものは、ボード、紐12本(ピンク、ブルー、イエロー、グリーン各3本)紐で絵を描くためのペン、ホワイトボード用のマーカーとホワイトボード消し、作品集(12例)、ボードスタンド。
47-2
繰り返し絵を描いたり、消したりできるものは他にもあるが、これは紐で描くというのがポイントだ。(イタリアのメーカーサイトでは、使われている紐は「シューズ用の紐」と紹介されている。)表面はマジックテープのようにひっかかりがあり、ペンタイプの容器に紐をセットすると、面白いようにボードにくっつき、自由な線を描くことが出来る。
47-4
準備は簡単。ペンに紐を通し、中に入れておく。
47-6
黒いボード面に、いつものように絵を描いていくだけ。
47-7

やり直したい時は紐を引っ張っれば、簡単に取り外せる。この時に、紐をまっすぐ上に(90度の角度で)引っ張るのがポイント。そうすると、魔法のようにスルッと取れるのだ。
47-8
遊んでみると、この紐で描く感覚が実に面白い。思っていた以上に、思い通りの線を描くことが出来るのだ! 角度をつけたり、カーブをつけたりも思いのままである。

47-9
ボードの表面は紐が引っかかるようにマジックテープのようになっているのだが、指で触れてもチクチクしたりはせず、手を傷つけることはない。
47-5
付属の脚をつければ、イーゼルのようにボードを斜めに固定できる。
47-3
裏面はホワイトボード(グリッドあり)になっており、マーカーで絵を描く。
47-11
こちらは定番であるが、ホワイトボードで描いた絵を紐で描いてみるなど、2面あることで色々な遊び方が出来るだろう。
47-12
作品例も紹介されているので、まずは真似して遊んでみるといいかもしれない。

 

こういうおもちゃは、子供の脳の発達にとても良い。手を動かす事やそこから伝わる感覚、視覚的な鮮やかさなどが想像力や芸術性を育んでくれる。現代では、小さな子供でもポータブルゲーム機を手に持ち、小さな画面を覗き込み、わき目も振らずにゲームに熱中する姿が当たり前になっている。そんな中で、手を動かし、体を動かしながら遊べるおもちゃはやはり良いものだなと感じた。クリスマスのプレゼントにもオススメである!

 

欲を言えば、紐1本あたりの長さがもっと長いと嬉しい。なにぶん描く感覚が面白いだけに、もっと長い線を引きたくなる! 物自体はまさに「シューズ用の紐」なので、別途購入しても普通に使えそうだ。

 

 

価格は3,700円(税別)。ボーネルンドオンラインショップ他、インターネット通販などを中心に販売中。

[rakuten]moc-kinoomocha:10001560[/rakuten]

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック