これがペットボトルを水筒化するアイテムの最終形だ! その名も『キグルミン』!

れまでおためし新商品ナビでは「キャップコップ」と、その進化系「キャップラス」をご紹介した。同じウェルビー株式会社の『キグルミン』は、その最終進化形である。

IMG_6055

そもそもこれらシリーズのコンセプトは、ペットボトルを水筒にする、という点にある。

具体的には、ボトルと一緒にコップを携行できることで、飲みやすさと衛生性をアップさせた。キャップが開けやすくなる効果もある。

IMG_6048

おそらくメインのユーザーは子連れの主婦や、OLだろう。

となれば持ち歩きのしやすさも重要であり、今回の『キグルミン』はその点を補った、”ペットボトル・カバー”である。

IMG_6030

『キグルミン』の顔部分は、「キャップコップ」もしくは「キャップラス」を選ぶことができ、機能はそれぞれの商品と同じ。

独自の機能は、カバー(ボディ)部にある。

IMG_6038

まず背部にはストラップがついており、これでバッグの持ち手にぶら下げることができる。

近所の公園へ散歩する時など、ストラップ手持ちで出掛けるのも良いだろう。

 

 

 

内側にはアルミの蒸着フィルムが貼られており、ちょっとした保冷・保温効果がある。

IMG_6051

実のところ”ペットボトル・カバー”自体は他メーカーからも多数発売されており、東急ハンズなど量販店に行けば多くのデザインから選ぶことができる。ストラップや保冷保温は他のカバーにも大抵備わっている機能なのだが、『キグルミン』だけの珍しい機能としては、内側の滑り止めがある。カバー越しにキャップを開ける際に空転しないから、これはなかなか便利だ。

 

 

 

IMG_6029

購入時の注意点としては、350mlボトル用と500mlボトル用があり、互換性がないので、自分がよく使うサイズを選ぶこと。

IMG_6010

ハチ、イヌの好きなデザインと表情、コップの種類は好きなものを選べばよい。

IMG_6004

欲を言えば、ストラップ長の調整ができれば、肩掛けにしたがる子供もいるのではないかと感じた。

 

 

 

価格は2,200円(税別)~バリエーションによっていくらかの価格差あり。。購入は全国の量販店もしくは、メーカー公式オンラインショップにて。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

編集部

編集部

気になる新商品をあなたに代わって検証します。情報提供はこちらまで。オフィスは東京都新宿区。ライター、カメラマン随時募集中。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用したキグルミン4体セットで1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック