まるでブラウンエールのような味わい!SAPPORO『麦とホップ<赤>』この味と価格で人気が出ないわけがない!

の鮮やかな赤と金の装いが、とてもオシャレ。そしてグラスに注ぐと、少し褐色がかったキメの細かな、しっとりした泡立ちの下、濃い琥珀色の液体から、麦芽の香ばしい風味と、アロマホップの華やかな香りが匂い立つ。

愛おしむように口に含むと、まるでベルギーかイギリスのブラウンエールビールのような、しっかりとしたコクのある味わい。しかしこれはエールビールではない。サッポロビールから、この秋冬の限定製造で発売されたSAPPORO『麦とホップ<赤>』である。

1

この『麦とホップ<赤>』、昨年も2度、限定製造で販売されており、その都度、好評を博した人気商品だが、今年は、9月17日から冬場までの限定製造で発売開始。すでにネット上でも、その美味さで話題になっている。

 

原材料を見ると、発泡酒にスピリッツを混ぜ、アルコール度数を5%にしてあるものだが、そうした細かな話はともかく、これはもう、飲めばまさに英国ブラウンエールビールのコクのある味わい。ビール好きな人、とくにコクの強いヨーロッパ系のビールが好きな人には、文句なしに美味い“ビール”だと記者も思う。

2

カラメル麦芽を使用することで、液体が濃い赤味がかった琥珀色に色づき、同様に少し赤味がかった泡立ちが粘り強く、しっとりしていてなかなか消えない。ブラウンエールを思わせる香りは、アロマホップにより付けられている。

さらに、リッチゴールド麦芽・ゴールデンアロマホップを一部使用し、このリキュールを、英国エールビールの味わいに磨き上げている。

3

この『麦とホップ<赤>』は、日本の酒税法上はビールでも、発泡酒でもない、いわゆる「第三のビール」と呼ばれる新ジャンルで、「リキュール(発泡型)①」という缶チューハイなどと同じ分類になる。

昨今、この分類の、見た目はビールそっくりの飲料が、ビール以上に美味しい味をまとって登場し、それがまた、価格が手ごろと来ているから、ビール好きにとっては、本当に狙い目で目が離せない。

4

これから紅葉シーズン、そして年末に向けて、この『麦とホップ<赤>』は、間違いなく人気を集める商品となりそうなので、お好きな方はそろそろまとめ買いも考えた方がいいかもしれない。実勢価格は、350ml缶で税別100円前後の水準となっている。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック