じゃがりこの姉妹品『さつまりこ 焼きいも』今年もリターンズ!秋を知らせる優しい甘さ!

の到来を知らせてくれる毎年恒例の『さつまりこ』は、カルビー「じゃがりこ」のさつまいもバージョン! 8月25日からコンビニ先行発売、9月8日からスーパーや駅売店などで発売開始。

さつまりこ004
じゃがりこといえば、ゆる~いダジャレを放つ独特のキャラクター達がパッケージを飾る。『さつまりこ』でも、フラミンゴの札真理子(さつ まりこ)さんが登場。デザインバーコードと共に「あいも変わらず大人気」とゆるかわアピールだ。夏にご紹介した「じゃがりこ アボカドチーズ」のキャラクターも存在感があったが、この真理子さんは別格だ。

さつまりこ003

さてさて『さつまりこ』といえば、1カップあたり約100g分のさつまいもを使用。蒸かしたさつまいもをベースに、焼きいもペースト、焼きいもパウダー、さつまいもシロップまで配合した、とことんお芋の甘みを楽しめるスナック! しかも1カップあたり3.2gの食物繊維入り! 秋はついつい食べ過ぎてしまうが、せめて身体に良さそうなお菓子を選びたいところ。

さつまりこ008

それではフタを開けて中身を取り出してみると、こんがりきつね色のさつまりこがザクザク。蒸かしたさつまいもそのもののような甘い香りがして、もうすでにおいしそう! 屋台の焼き芋屋さんが現れるにはまだ早い時期だが、カップタイプのスナックでどこでも気軽に焼き芋が食べられるなんて幸せ。

さつまりこ009

1本食べてみると、じゃがりこよりもやや硬めのサクサク食感に、スイートポテトのような優しい甘さが噛めば噛むほどじゅわっと出てくる! これは止まらない! 芋の甘さが濃い分、じゃがりこよりも満足感が高いところも注目。じゃがりこ同様、温めた牛乳でふやかすと、『さつまりこ』はサツマイモのポタージュスープのようになってかなりおいしい!

さつまりこ011

『さつまりこ 焼き芋』は、参考小売価格150円前後(税抜)。9月8日からコンビニ以外のスーパーや駅売店などでも発売スタート、期間限定だからなくなり次第終了。秋といえばさつまいも、これは食べずに終われない。また、じゃがりこの素材替えシリーズには、とうもりこ(とうもろこし)、えだまりこ(えだ豆)もあるので色々食べ比べしてみるのもオススメ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック