レトロデザインの復刻版『三ツ矢クラシックサイダー』発売中!やや甘めの強炭酸は夏の飲み心地!

誕130周年企画で復活したアサヒ飲料『三ツ矢クラシックサイダー』は、昭和10年頃に発売されていた「三ツ矢シャンペンサイダー」を再現した1本。当時の瓶をイメージしたレトロなデザインに興味がそそられる。
三ツ矢クラシックサイダーIMG_4353

昭和10年頃とは、ジブリ作品「風立ちぬ」の主人公の子供時代で、太平洋戦争が勃発するより前のこと。芥川賞・直木賞の第1回が決定したり、大阪タイガース(現・阪神タイガース)が創立した年である。そんな古い時代からすでに庶民の間でサイダーはちょっと特別な飲み物として愛されていた。

三ツ矢クラシックサイダーIMG_4364

この『三ツ矢クラシックサイダー』は当時の味を再現しながらも、現代の三ツ矢の技術である非加熱製法などを用いてスッキリおいしく仕上げたドリンク。どんな味がするのかさっそく試してみよう!

三ツ矢クラシックサイダーIMG_4374

グラスに注ぐと、私たちになじみ深い現代の三ツ矢サイダーと同じ強い炭酸が目に見える。この季節にぴったりの清涼感がたまらない。

三ツ矢クラシックサイダーIMG_4375a

飲んでみると、口の中でシュワッとはじける気泡が爽やか。現代の三ツ矢サイダーよりもやや甘い! カロリーは100mlあたり42kcalと、クラシックサイダーも現代のサイダーもまったく同じだから不思議。また、瓶ラムネの味に近い甘さだから、縁日で飲むような懐かしさがある。

三ツ矢クラシックサイダーIMG_4376

今だけの復刻版『三ツ矢クラシックサイダー』は1本あたり140円(税抜)。7月29日から全国のスーパーやコンビニ、ネットショップなどで発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック