『トムヤムクンヌードル』はカップヌードルエスニックシリーズ! 本場の味を日本人好みにアレンジしていた!

イ料理といえば酸味と辛味のコラボレーションがうまいトムヤムクン! 売れすぎ警報発令中のカップヌードル『トムヤムクンヌードル』は、現地法人・タイ日清の協力で開発された本場の味が話題になっている! 

トムヤムクンヌードルIMG_4477

あまりに売れすぎて一時は供給が追い付かず、店頭からも姿を消したこの商品。ようやく増産体制が整い、購入できる人も増えてきたはず。カップヌードルエスニックシリーズは、この『トムヤムクンヌードル』とインドネシア風味甘辛焼きそば「ミーゴレン」の2種類があるが、気になっていた人も多いはず。さっそくチェックしていこう!

トムヤムクンヌードルIMG_4490

フタを開けると、後入れの「トムヤムペースト」なるミニサイズの袋を発見。これはフタの上で温めておいて、お湯を入れて3分経ったら入れるらしい。

トムヤムクンヌードルIMG_4495

トムヤムクンとは、トム(煮る)、ヤム(混ぜる)、クン(エビ)。具を確認してみるとその名の通りエビがたくさん! その他にはマッシュルームとコリアンダー(パクチー)。赤唐辛子の粒がところどころに見え、これは辛そうだ!

トムヤムクンヌードルIMG_4500

お湯を入れて3分経ってから「トムヤムペースト」を入れる。赤褐色でドロッとしている。麺とスープとペーストをからませながら混ぜると、レモングラスの酸味と唐辛子の辛味が混ざったイイ香りがする! 日本人感覚に配慮してか、パクチーの香りはすごく控えめだ。

トムヤムクンヌードルIMG_4516

食べてみると、ほど良い酸味のスープがうまい! 唐辛子の方がやや強く、麺をすすると喉に残る唐辛子がジワジワ辛さを持続させる。辛い中にもココナッツのクリーミーさがあり、すごく食べやすい。香りといい味といい、これは完全にトムヤムクン! キャッチコピーの「瞬間アジア気分」は間違っていなかった!
トムヤムクンヌードルIMG_4480

魚介×香辛料のカップヌードルは、先に紹介した「レッドシーフード」もイイ味を出しているので、ファンはぜひそちらもチェックを。

 

日清カップヌードル『トムヤムクンヌードル』は、1食170円 (税抜)。
現在は関東甲信越地方&静岡限定でスーパーやコンビニで発売中。まだ食べていない方は、ネットショップでの購入が可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック