空の上でしか味わえない『シークワーサースパークリング』がサークルKサンクス限定で発売中!

ジネスで、旅行で、飛行機に乗ると航空会社の機内販売が気になる人も多いはず。このサークルKサンクス限定『シークワーサースパークリング』は、JALの機内販売で人気のドリンク「スカイタイム シークワーサー」をイメージして作られた商品だ。

シークワーサースパークリング24432

パッケージにはJALのロゴ。実は昨年の夏にもすでに販売されていたが、人気が高かったため今年も7月15日から復活販売している。航空会社の機内販売シリーズは、サービスの競争激化からかなり研究されたレベルの高い商品が多いので注目度は高い! 日頃からLALをよく利用する人も、利用したことがない人も、この機会に限定の味を試してみてほしい。

シークワーサースパークリング24440

『シークワーサースパークリング』には、沖縄産シークワーサー果汁を使用。(ただし、果汁5%未満なので表示では無果汁)
シークワーサーの名前の由来は沖縄の方言で、シーは「酸っぱい」、クワシャーは「漬ける」や「洗い流す」という意味。沖縄料理は味が濃くて糖質もたっぷりな品々が多いため、シークワーサー果汁を搾ったジュースやお酒で口内をさっぱりとさせるのがスタンダードだ。あの舌に突き刺さるような独特の酸味がどんな風味になっているのか楽しみ!

シークワーサースパークリング24444

グラスに注いでみると、薄いイエローの液体に炭酸の気泡がキラキラ光り、まるでシャンパンのような上品な色合い。ちょっと贅沢な気分が味わえるジュースだ。

シークワーサースパークリング24452

飲んでみると、舌に突き刺さるほどの刺激はないもののシークワーサーの酸味と苦味をしっかりと保った甘さ控えめのジュース! ごくごく飲んでいるともっと強烈にすっぱくても良かったかとも思うが、500mlという量を考えると一気に飲むにはこれくらいのすっぱさが良いのかもしれない。
それに、飲むまでは微炭酸では清涼感がものたりないかも、と思っていたがシークワーサーのすっぱさが効いているので意外にほど刺激的。

シークワーサースパークリング24524

『シークワーサースパークリング』は空港関連事業を請け負うJALUXによる販売で、全国のサークルKサンクスや空港店舗での限定商品。1本140円(税抜)。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック